自然食バイキングで食トレ

平日のお休みで朝から買い物。

iherbでスポーツ栄養セールをやっていたので、アミノXのグリーンアップル味スイカ味を調達。

マイプロテインでホエイプロテインのアイソレート(ブルーベリー味 ストロベリークリーム味)を調達。(紹介コードTAISHI-R3で割引あり)

どれも在庫がなくなりかけていたし、円高傾向だったので調度良いタイミングでセール来てくれて良かった。


さて、前日の夜に走ったので朝からがっつり脚トレで追い込むことにした。

スクワット
130kg:6 4
120kg:8 6
ワイドスクワット
80kg:10 8 7
カーフレイズ
136kg:13 12 11 10
130.5kg:12 10
スミスブルガリアンスクワット
31.3kg:10 8 7

・レッグエクステンション
45kg:11 10 10
・レッグカール
54kg:6 50kg:8 45kg9
スーパーセットで行う。

・アブドミナルクランチ
50kg:13 12 11
・ロータリートルソー
50kg:13 12 11
・アブコースター
10kg:13 12 11
トライセットで行う。


90分、ついでに腹筋も一緒にトレーニングしてきました。

スクワットはウォームアップで60kg 100kg とやっていく中で昨夜のランニングの疲労が脚に残っているのを感じる。

『今日は力入らないだろうな』と思ったら案の定130kg 6回しか挙がらずだった。

12時間では回復しないのが良く分かった(汗)

パワーは出なかった分、ハイボリュームで気持ち悪くなるほど追い込んできた。

筋トレとマラソンの両立、いまだにアレコレ悩まされます。


IMG_0014753.jpg
トレーニング後は近所にあるナチュラルガーデンのランチバイキングへ。

野菜や健康食材がたくさん食べられる好きなお店。

鶏肉と野菜、米も食べまくりました。

食事もトレーニングのひとつ。

デザートもおいしく食べちゃったけど(笑)

系列店ですぐ隣にフランシーズ(ケーキ屋)やパンドエッセ(パン屋)といった有名店もありますが、ここのケーキやパンも一部ですが食べられるのも嬉しいです。


スポンサーサイト

42発くらい殴られた氷室京介?

泉州国際市民マラソンの記録証が届きました。


IMG_0014751.jpg

himuro01.jpg

叩かないでね(泣)

ペースが完全な右肩上がりじゃないのがB BLUE



丹後ウルトラ100km挑戦における課題は山積みだ vol2 ~ウルトラ対応の脚作り~

ウルトラマラソンの練習法をネットで調べてみた。

私のウィークポイントであり、改善しないと完走が危うくなることが2つ浮かび上がってきた。


①練習量が少なすぎる
月に150~200kmは最低走っておきたいとか300kmなんて数字も出てきた。

300kmはまず捨てよう、筋トレを止めて家族にも迷惑をかけない限り到達しない数字だ。

それに怪我するだけだ。

私の月間走行距離は50~60km

3/19時点で今月はまだ39km、うん、いつも通り。


サブ4に必要な練習量を見た時にも150~200kmという数字は出てきたように思う。

サブ4達成に関してはイメージが出来ている。

では、丹後100kmはどうか?

と言われると正直完走しているイメージがほとんど浮かばない。

30km走は今まで一回しかやったことがないとか、20kmも通算10回以下とかだと、このままではダメだ、走り込みは必要だと感じた。

まずは月間100kmは走ろう。

練習を重ねるうちにイメージがわくかもしれない。


②すぐに膝が痛くなる
走行距離を伸ばす、スピードを上げる これをやるとだいたいガタがきます。

痛くなるのは決まって左膝。

普段から歩いていても左側が何かおかしい気がする。

ランニングフォームが悪いのか、カラダの歪みが原因なのか分からない。


そんなわけで早速行動開始。

HPを見てマラソンにも精通されていそうな整体に行ってみた。。

筋トレとマラソンを両立したいむねを伝えた。

「それは難しいことをやっていますね」と言われた。


若干骨盤に歪みがあったものの、軽度のものらしい。

また、筋肉の柔軟性もほどほどにあって悪くないらしい。

ストレッチは全然曲がらないのですが、これとは関係ないのだろうか。

話しやすい雰囲気の先生で会話も盛り上がり、一時間の施術終了。


3/20に18km走ってきました。

左足の運び方がスムーズになった気がする。

これだけ走るといつも疲労感も左側に溜まっていたので左右差が少なくなっている。

今のところ順調なようです。

でも、一回の施術では完璧には整わないと思います。

保険がきかないのでしょっちゅうは難しいけど、また機会を作って行ってみようかな


丹後ウルトラ100km挑戦における課題は山積みだ vol1 ~参戦を決意した経緯~

丹後挑戦に多くのコメントありがとうございました。

課題は山積みなのでひとつずつクリアして最後は完走出来るように作戦を練っていきたいと思います。

あと半年しかありませんからね。


まずは挑戦を決意した経緯について。

ウルトラマラソン、最近まで自分の中では絶対に挑戦することはない世界だと思っていました。


理由①長い距離を走るのが苦手

30km走は今までで一回しかやったことがない(ヘロヘロのバッテバテ)

20km走も通算で10回はないと思います。


理由②すぐに膝が痛くなる

痛くなるのはいつも決まって左膝。

距離を伸ばしたりスピードをあげるとすぐにダメになる。

丹後出走でシーズンを棒に振るかもしれない。

怪我をせずスタートラインに立つことを目標にずっとやってきた。


理由③応援が少ない

応援されると調子に乗るタイプ。

野球やっていた時からギャラリーが多ければ多いほど燃える。

応援が少ない大会を走るのは辛い。


③は仕方ない話ですが、①と②は改善すればどうにかなるかもしれない。

完走に向けた課題は①と②にかかっていると言っても過言ではない。

これついては後日。


挑戦に至った経緯を時系列にたどると・・・

一ヶ月前の泉州国際市民マラソンでサブ4目前に迫る走りが出来た。

そうなるとやっぱり丹後の壷売り(し~やんさん)が嬉しそうに出没するわけです(笑)

可能性がゼロの人に売るような人ではない。

少しでも私に可能性を見出して下さっているのかもしれない(前向き過ぎる?)


名古屋ウィメンズでの前夜祭・・・

THさんとカブトムシさんにも勧められた。

「今年は仲間がたくさん出るから走っておいた方が良い」と。

私にとっては誰が出るのか、これは結構重要なポイント。

100kmになると前日、当日、翌日と3日も過ごすことになりますから。


ウィメンズのアフターでまちゃタソ、ごろみさんと丹後の話題になった。

「ごろみさん出はるなら僕も考えますね」と言っちゃった。。

何度も丹後を走っているまちゃタソからの情報も聞いてそれなら安心と思った。


『走っても60kmだな・・・』

大阪に戻ってからも丹後のことを下調べ。

あれ、60kmスタート地点別々・・・

前日からみんな一緒に過ごしてスタートも同じと思っていた。

感動と興奮を分かち合うには何か違う気がした。

ここで60kmという選択肢は消えた。


丹後は走らないと言っていたえーかわさんやかおりんさんも参戦を決めた。


調べれば調べるほど胸がドキドキし始めた。

緊張感が沸いてくる、好きな感覚だ。


・・・「走らない理由」よりも「走りたい理由」の方が強くなった。


さぁ、覚悟を決めるか

tango2017entry2.jpg


やってやる!


ただの冷やかしでエントリーするような無礼なことはしない。

勇気を持って挑戦する、やると決めた以上はやる。

自分の持つ走力、筋力、知略、精神力すべてを駆使して!

走るか迷っている人、一緒にやったろうぜ。


さが桜組、ファイッ!!




参加予定大会
しばらくなし
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
112.5kg(2016.10)
デッドリフト
157.5kg(2016.10)
スクワット
157.5kg(2016.10)
RM換算含む

10km 56:51
2016年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ