【パワーブロック】可変式ダンベル買ったど~

ピンポーン♪

・・・キタか((((;´・ω・`)))

せっせせっせ・・・


IMG_0016274.jpg
IMG_0016275.jpg
パワーブロック 41kg×2個 キター!

宅急便のおっちゃん、いつも重たい荷物ありがとう。

コーヒーを渡して感謝を伝える。


ちなみに購入したパワーブロックはコピー品です(笑)

正規品は126300円とめちゃくちゃ高いです。

こちらのコピー品だと29500円(送料込)
1/4の費用で買えました。


パッと見、何か分かりにくいですが、これはダンベルです。

特殊なダンベルなので説明書が付いていました。


IMG_0016277.jpg
・・・ほほぅ(´・ω・`) マッタクワカラン


IMG_0016276.jpg
一番の長所はピンを差し替えるだけで重量変更が出来る!

その時間わずか3~5秒。

従来のスクリュー式だと1~2分かかります。

インターバルでハァハァしんどい時にプレートの付け外しの辛さを解消してくれます。


IMG_0016282.jpg
数字(ポンド表記)の色と同じ場所にピンを挿して引き抜いたらその重量分だけ付いてきます。


IMG_0016283.jpg
OPEN と CLOSED のレバーを切り替えたら

IMG_0016284.jpg
側面に 1.05kg×2個 重りが入っているので

IMG_0016285.jpg
27段階の細かい重量調整も出来ます。


その他の長所としては

・側面が平らなのでオンザニーがやりやすい。

・重量切り替えが早いのでスーパーセットやドロップセットなどが出来てトレーニングの幅が広がる。


短所としては

・リストストラップが巻けない。
(パワーグリップなら何とか巻ける)

・特殊な形なのでプルオーバーや両手のフレンチプレスなどごく一部のやりにくいメニューがある。
(これに関してはスクリュー式のダンベルがあるので、それで補えばOK)

・重量がポンド表記
(kg換算する必要がある)


そして購入の決め手となったのは重量の誤差が少ないこと。

powerblock.jpg
自宅の体重計で計測して表にしてみました。

誤差は最大でも0.6kg程度で2つのブロックの重量差も少ないです。


IMG_0016489.jpg

上の表を参考にして2本ある重り(1.05kg)を入れたkg換算表を作成しました。

パワーブロックにも分かりやすく表を作って貼り付けようと思います。


多少手間はかかりましたが、10万円安くなるなら趣味レベルの私にはコピー品で問題ないレベル(笑)

可変式ダンベル(アジャスタブルダンベル)はパワーブロックの正規品やボウフレックスなどの高い商品以外の物(コピー品など)は重量の誤差が大きいです。

例えばカタログ値40kgの可変式ダンベルでも実測値は37.5kgしかない物もあります。


IMG_0016276.jpg
あと、デザインは好みが分かれるかもしれませんね。

時限爆弾みたいですし(笑)

一本でも配線切り間違えたら・・・


bonda.jpg


ワイドパラレルグリップバーがやってきた

筋トレルーム(ゴリジム)にあるパワーラックHPMに増設出来るラットオプション。

IMG_0015911.jpg
そのラットオプションに付けられるワイドパラレルグリップバーを購入しました。

中心部が稼働しますのでラットプルでもシーティッドローなども使えます。

ローレット加工もされているのでノーマルグリップでもワイドパラレルグリップ両方可能。


グリップを変えるだけで筋肉への刺激がどのように変わるのか、

早速ラットプルダウンで使ってみました。




ノーマルグリップ
広背筋中央部や僧帽筋下部に刺激が入っています






ワイドパラレルグリップ
ノーマルグリップに比べると広背筋の外側や大円筋に刺激が入っています


グリップを変えるだけで筋肉への刺激も変わるのでトレーニングメニューが増えて楽しみが増えました☆

歪曲しているので深く引けるのも魅力的でした。





私が使用しているパワーラックHPM
耐荷重450kgの高重量対応モデル


ラットオプション増設モデル

筋トレルーム Web内覧会 ~2016年夏バージョン~

前回開催したWeb内覧会から二年が経過し、より進化したので新たに展示☆

私はジムに通っていないホームトレーニーです。


少しずつ器具を買い足していき、紹介記事も多くなってきました。

見やすいように一部紹介記事に飛べるように目次形式にしています。


※参考までに。二年前のWeb内覧会
筋トレルーム Web内覧会 ~2014年春バージョン~

ダンベル類
IMG_0010510-2.jpg
筋トレの入り口であり、必需品のダンベル類
・アイロテック ノーマルシャフトダンベル
 140kgのバーベルダンベルセットとして購入



※必見! オススメのダンベルの選び方
ダンベルを買おうと思っている方は参考にどうぞ

・メーカー不明 10kg×2ダンベルセット
・アイロテック ロングダンベルシャフト




バーベル類・ラック・プレート類
IMG_0013591.jpg
・ファイティングロード プレートシャフトラック
プレート:20kg4枚 15kg2枚 10kg2枚 5kg16枚 2.5kg4枚 1.25kg4枚 合計235kg
※全部は収納不可。耐荷重等はリンクをご参照下さい。



・アイロテック バーベルシャフト200cm(パワーラック用) バーベルシャフト160cm
・アイロテック トライセプスバー
・アイロテック Wバー

   


ベンチ
IMG_0013506.jpg
・アイロテックマルチポジションベンチ
デクライン、フラット、インクラインまで可動域が広い。
付属品を増設すればレッグエクステンション、レッグカール、プリーチャーカール等が出来る優れ物。
これを購入したことにより、ボディメーカーのインクラインベンチは引退。




パワーラック
IMG_0013290.jpg
・アイロテック パワーラックHPM
我が家の筋トレルームのエース。
付属品でチンニングバー、ディップスバーあり。
別売りのラットオプションを付けています。
耐荷重量:450kg チンニング200kg ディップス150kg ラットオプション 90kg

これを購入したことにより、ボディメーカーのパワーラックは引退。


私が使用しているパワーラックHPM
耐荷重450kgの高重量対応モデル


ラットオプション増設モデル


ケーブルアタッチメント
IMG_0013597-6.jpg
・すべてアイロテック
ラットプルダウンバー(付属品)
ショートバー(付属品) トライセプスロープ
ロープーリーハンドル プルダウンハンドル シングルハンドル 

   

ギア類
IMG_0161-1.jpg
・アイロテック パワーベルト
 パワーグリップ リフティンググローブ

・シーク リストストラップ
・自作ディッピングベルト
・シーク リストラップ
未レビューでしたね。
手首の保護に良い働きをしてくれます。
オススメの一品。

     


その他の器具
IMG_0010506.jpg
・アルインコ エアロバイク AFB4010
・プッシュアップバー
・腹筋ローラー
・自作ストレッチボード
・ヨガマット
・ストレッチポール

    

自宅で筋トレがしたい!
ホームジムを作りたい!
カッコイイカラダになりたい男性・引き締まった綺麗なカラダになりたい女性の方などなど

参考になれば幸いです。


アイロテック マルチポジションベンチ レビュー

昨日のブログ記事。
みんなからのコメントが同じことを書いていてすごくおもしろかった。

一番アレだったのは私だったのか(笑)
こうやってアホなこと言い合える仲って良いですね。

---------------------------------------------------------

IMG_0013506.jpg
アイロテックのマルチボジションベンチを購入しました。

今まではボディメーカーのインクラインベンチを使用していましたので比較も兼ねてレビューします。


IMG_0013558.jpg
デクラインからインクラインまで角度調整が可能。

ボディメーカーのインクラインベンチではデクラインは不可でした。


IMG_0013561.jpg
ほぼ90度近くまで角度がつくのでショルダープレスも可能。

ボディメーカーのインクラインベンチではここまで角度が上がらなかったので、ショルダープレスは背もたれなしでやっていました。


IMG_0013554.jpg
このベンチの大きな特徴のひとつ。
付属品でレッグエクステンションやレッグカールが可能になること。
ワンタッチで付け外しが簡単。

20kgのプレートも入ります。
オリンピックプレートにも対応。


IMG_0013556.jpg
プリーチャーカール台もワンタッチで付け外し可能。


多くのメニューをこなせるようになり、非常に便利です。

赤と黒のデザインがカッコ良くてやる気を奮い立たせてくれます☆


また、別売りでラットオプションも付けられます。

私の場合はパワーラックにラットオプションを付けているので購入せず。


ここまではほぼ完璧なベンチです。




ただ、ひとつだけ大きな欠点があります。

それは「ベンチ台が高くて足底がつかない」こと。

IMG_0013578.jpg
身長178cm(短足)あってもこの有様。
これではベンチプレスをする時に踏ん張れません。

比較すると
・アイロテックマルチボジションベンチ 55cm
・ボディメーカーインクラインベンチ 46cm
  9cmも高かった(汗)


IMG_0013582.jpg
この大きな欠点を解消してくれるのがコチラ。

踏み台
う~む、シンプルゥ


IMG_0013586.jpg
めっちゃしっくりくる。。
めっちゃ踏ん張れる。。
地味だけど最高じゃ。。

ホームセンターで調達
サイズは横60cm 縦35cm 高さ15cm
耐荷重200kg

踏み台、超オススメ♪


足が届かないというところさえクリア出来たら素晴らしいベンチですね。


プロジェクトP 最終章 ~完全体~

♪ピーンポーン♪

インターホンの音と共にまたデカイ物が届いた・・・


いよいよ大詰め。

分かりにくい説明書と格闘しながら約3時間・・・(組み立て苦手)

完全体パワーラックになる時がきた。


IMG_0013226.jpg
変身前




IMG_0013290.jpg
変身後

ラットマシンを増設しました。

アイロテックのパワーラックHPMは別売りで専用ラットマシンを増設可能なのです。

威圧感溢れるデザイン、惚れる。



IMG_0013295.jpg
ラットプルダウン、ロープーリーなど様々なケーブルトレーニングが可能になるので一気にトレーニングメニューが増えます。

奥行きが必要なので部屋が若干狭くなった。



IMG_0013292.jpg
ケーブルアタッチメントを交換すればさらにバリエーションが豊富になる。


これが欲しくなったきっかけはジムに行ってみたこと。

ケーブルトレーニングを初めてジムで触った時に家でもやりたい!と思ったし、フリーウェイトとは違った楽しさもあった。

またホームトレーニーに戻るわけですが、ジムに通った経験はこういったところにも活きた。


Power rackのP
Perfect のP

プロジェクトP完結☆


続きを読む

マッスルゴリオススメのプロテイン・アミノ酸等のサプリショップ
スポーツショップ、amazon、楽天等で買うより圧倒的に安いです
マイプロテイン
 割引コード TAISHI-R3
iherb
 割引コード GGR078
参加予定大会
2018.09.16
丹後ウルトラ 100km
2018.12.09
奈良マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 47:53
2018年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:40:28
2018年大阪ハーフマラソン

フル 3:27:39
2018年泉州国際マラソン

ウルトラ
65km 7:14:05
2018年奥熊野いだ天ウルトラ

78km 9:28:16
2018年奥武蔵ウルトラ

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ