かっとび伊吹レポ vol3 ~タイムから走り方を考えてみる~

IMG_0013711.png
かっとび伊吹でのラップ。

最初の下りのロードよりも登りに入ってからの方が速い^^;

後半のタイムが遅いのは渋滞で前に進めないからでこれはどうしようもない。


・スタートでどんどん抜かれる(申告タイム順のレースでも)
・下りではさらにどんどん抜かれる。
・登りや終盤に加速してごぼう抜き。

もう何度も目にした光景だ。


これはなぜ?

自宅周辺は平地なので坂の練習をしているわけでもない。

トレイルにしょっちゅう出かけられる家庭環境でもない。


ランニングウォッチを持っておらず、いまだにスマホのジョグノートアプリで走っている。

ラップを確認するのは走り終わってからで見ないこともしょっちゅう。

タイムは会場にある時計を見るくらいだ。


やはり筋力(パワー)だけで走っている気がする・・・


帰りのバスで時計持っていないことをまちゃタソに伝えると「野性的だね」と言われた。

なんだろう、妙に嬉しかった。

天邪鬼なところがあるからかな。


変わった走り方をしていても結構楽しい。

加速したり失速したり、抜いたり抜かれまくったり、一定ペースだったり、人それぞれ違っておもしろい。

スポンサーサイト

かっとび伊吹レポ vo2 ~マラソン大会を筋力だけで走る男~



外は土砂降りで乾かすのが大変だけど、綺麗に洗った。


IMG_0013688.jpg
今年も多くのブロガー仲間が結集した。

昨年、集合写真を撮っていると「ブログ村の方ですか?」と声をかけて下さった方がいた。

その写真を最近見返していたらappaleさんだったことに気が付いた。

今年もこうやって一緒に写真を撮ることが出来て良かった。


レースが始まると昨年とほとんど同じ展開。

今年は箇条書きで感想を。

・自分なりにハイペースなのにスタート直後の下りでどんどん抜かれてブロガー安定の最後尾。

・自称登り番長健在で登りに入るとごぼう抜き。

・ankoちゃんの手を握って走られてテンションあがる。

・下りや平坦は遅いので一合目までにある一部平坦な道ではまた抜かれまくる。


IMG_0013676.jpg
・ハマッキー夫妻はやっぱり仲良しランだ。


・じぇーてぃーさんは今年も笑顔で写真撮影をしていた。心身ともに強い。

・キイミさんとまちゃタソは実は一緒のレースを走るのは初めてな事に驚いた(お会いするのは飲み会やどちらかが応援ばかり♪)

・アレキさんに会えるだけでかっとびに来る価値があると思う。

・ちゃうちゃうさんもレースに出て欲しかった(来年は・・・ね☆)

・トレランシューズで走るも、滑ってこけて流血した


IMG_0013680.jpg
・まちゃタソと途中から最後まで近くを走っていた。

・帰りのバスも一緒で色々お話が出来て楽しかった。

・正式なタイムをまだ見ていませんが、1時間51分くらいで昨年より2分縮めた。

・ハーフのタイムが参考になる大会でハーフのベストより17分早い。

・サトさん、ローラさん、ankoちゃん、おみやげありがとう♪

・足首はテーピングして走ったのが良かったのか、痛みはない。

・踵も石を踏まなければ痛くなかった。


朝から駐車場の誘導をして下さったスタッフの皆様
霧が多くて寒い中ボランティアをして下さった学生さん
楽しい時間を一緒に過ごして下さったブロガーの皆様


☆ありがとうございました☆


かっとび伊吹レポ vol1 ~会社の美ジョガーさん~

同じ会社に勤務している女性でランニングを趣味にされている方がいる。

サブ3.5を目指しており、水都大阪100km完走した翌日に何事もなかったかのように仕事をこなしているし、今年は村岡ダブルフルも出られる随分とアレな方だ(笑)

私とは全くレベルが違う。。


制服姿しか目にしないのでウェアに袖を通したところを見ると印象はガラリと変わる。

普段でも明るく活発で素敵な女性なのだが、それ以上に生き生きとして見えた。

私も同じなのか「ちょっ、鍛えすぎでしょ(笑)」ってな反応が返ってくる。


せっかくなのでスタート前に一緒に写真を撮った。

IMG_0013674.jpg

彼女は初かっとび伊吹で90分切りを達成。

やっぱりすごいや。

登りも強い。


おねむちゃんなので一旦ここまでzzz


 to be continued・・・

~邪心(神)走法で伊吹山の神と友達になる~ かっとび伊吹レポ 後編

かっとび伊吹レポ 前編 ~「自称」登り番長、ホンモノかどうか証明する時~
の続きです。

IMG_0011900.jpg
レース中にじぇーてぃーさんに撮っていただいた一枚。
みんなの写真を撮っておられてすごいです。
走力があればこういった楽しみ方もあるんだなぁ。

登りの角度がどんどんきつくなっていき、走られなくなってきた。

走っては歩きの繰り返し。

まだ暑く、スタッフさんが霧吹きのサービス。

うはぁ、嬉しいなぁ。


何合目のエイドか忘れたけど、女子中学生か高校生くらいの子たちが水を手渡しでくれた。

高度が上がってきて霧も多く、寒くなってきた中なのに・・・

「ありがとう」 笑顔の手渡しは元気をもらった。

邪心レベルが上がった。


良いペースで走っている素敵なマダム美ジョガーの後ろを数百メートルほど走った。

髪の香りに導かれる。

邪心レベルが上がった。


霧が濃くなってきて20mほどしか見えない。

コースもきつくなり、ランナーの流れが遅くなった時、正直ホッとした。

「やっと休める」それくらいきついレースだった。

前後のランナーに話しかけたら同じ感想が返ってきた。


七合目、八合目あたりが特にしんどかった。

疲労で股関節に痛みが出てきて一人なら確実に止まっているが、流れに身を任せた。

上を見たらランパンの美ジョガーさんの太ももを見ては離されまいと頑張る。

邪な気持ち、欲、これらは力となる。

オレ、ホントアホだわ。。

邪心走法は邪神に変わった。

伊吹山の神様、ごめんなさい。

私のような者が走って良かったのでしょうか?

ゴールが近付き、一気に声援が聞こえてきた。

フィニッシュ 1:53:44

まさかの二時間切り。
出来過ぎです。

後々知った事ですが、かっとび伊吹はハーフのタイムが参考になるらしいですが、私のハーフベストは2:28:42

35分早くゴールしたことになるが、ハーフをこのタイムでは走られません。

自称でしたけど、登り番長に数字で結果が出たので自信がつきました。

何で登りの方が強いのか・・・?

他のランナーと違うのはウェイトトレーニングをしていることで筋力があるくらいですが、それが登りに繋がっているのか分かりません。


IMG_0011893.jpg
霧がすごかったので、景色は次回までおあずけ。
寒いので長袖は持って走らないとダメですね。
カブトムシさんのブログでファイントラックを着ていくと書いてあったので参考にさせていただきました。
おかげ様でめちゃくちゃ助かりました。


IMG_0011895.jpg
山頂でいただく伊吹そばは温まった。
ゆでたまごでたんぱく質補給☆
山菜やかまぼこが苦手で山ちゃんに食べてもらったのは秘密だ。
しかもお金持って登らなかったので1000万円借りた。
1000万ペソお返ししました。


IMG_0011899.jpg
ヤマトタケルノミコト像と。
体調や脚の調子が良くない状態でレースを頑張った方もおられる中で全員山頂まで到達出来て良かった。
何も出来ないけど、私も怪我が多くて辛い思いをしたので気持ちはビシビシ伝わってきた。

上着を持っていなかった私にローラさんがカッパを下さった。

uwagi.png
こんなシチュエーションだったかどうかは置いておいて・・・
これの逆パターン。
男としてはアカン。。
すごく暖かくてローラさんの温もりを感じたよ。
変態っぽいのでそろそろ止めておきます。


IMG_0011902.jpg
アフターのお風呂と食事はあねがわ温泉にて。

外観、内装共にオシャレで素敵な温泉でした。

IMG_0011903.jpg
IMG_0011904.jpg
アレキさん、カブトムシさん ☆ご褒美☆
アレキさんの「男が男に惚れる」というお言葉をいただき、嬉しかったですね。
私も目覚めそうです

みんなの予想外の走りをしたことや、絞ったカラダも褒めてくれるし、上機嫌な一日でした(単純)
褒められて調子に乗ってまたランニング筋トレ頑張る。
良いモチベーションアップです。

人は褒めないとダメですね。
私なんてこの日「ankoさんホンマ可愛いです。こんな美人周りにいませんで」
としか言わなかった気がします(汗)
人間性が疑われるな・・・


かっとび伊吹、きついですけど、素晴らしい大会で楽しかった。

登りオンリーという珍しい大会だし、私の長所を活かせるレース。

正直参加するまではモチベーション低かったですが、当日お会いしたブロガー仲間さんやもうひとりのリラックマさん、ボランティアさんから刺激をもらい、楽しく走らせていただきました。

自然と人のコラボレーションレース。

来年も参加したいな。

関係者の皆様、ありがとうございました。
ロクでもねぇレポだったな・・・


かっとび伊吹レポ 前編 ~「自称」登り番長、ホンモノかどうか証明する時~



IMG_0011879.jpg
かっとび伊吹から二日、左足の付け根(股関節)辺りに痛みがあるものの、他の部位は順調です。

アイシングやシップで様子見。

すごく楽しい一日でした。

レースはきつくも魅力的な伊吹山、ブロガー仲間結集でいっぱい笑った。

それでは、レポ開始♪
※全二回 
コメントは次の記事でオープンにしますので、その時にいただけると幸いです。
写真は皆様から頂いた物を使用しています。
ありがとうございます。

------------------------------------------------

3:30 起床
4:45 出発
朝から天候が怪しく、大阪は曇り。

伊吹山へ向かう途中の大津SA付近では土砂降り・・・

公式HPを見たら開催されるとあったので、そのまま会場へ。


ボランティアさんが誘導して下さった駐車場へ7:30到着。

朝早くからありがとうございます。

やべっちさん夫妻とお会いしたので一緒に受付へ。


IMG_0011880.jpg
雨はほとんどやんでいた。
しかし、山の上の方は完全に霧に覆われている。
これは覚悟しとかないと・・・

アレコレしているうちにブロガー仲間結集☆

初めましてのアレキさん。

昨年のかっとび伊吹のレポを見て今年はお会いできると楽しみにしていました。

ドラえもんの仮装をしたアレえもん?
の印象が強く残っていました。

がっちり握手を交わす。


IMG_0011885.jpg
リラックマが正装の方(えーっと、だれでしたっけ?)もサプライズ参加。
シーズンインしたばかりなのにすでに長居、伊吹山と二回も会っている(笑)
やべっちさん、モザイクの場所おかしくなってすみません。ゼッケンの位置が・・・

・NGさん
・kinさん
・井出浩一さん
・ブログ村読者の方(お名前聞きそびれました、ごめんなさい)
・やべっちさんの奥様
・山ちゃん
・えむさん
・THさん
・アレキさん
・ankoさん
・りょうたさん
・し~やんさん
・ローラさん
・だれやねんさん
・サトさん
・やべっちさん
・じぇーてぃーさん
・カブトムシさん
・私
すごい人数。。

和太鼓とエイエイオー!の掛け声でスタート。
これイイですね。

制限時間2時間30分。

スタート地点である伊吹薬草の里文化センターを出発してすぐに下って平坦な道があるが、あとは伊吹山の頂までひたすら登り続けるレースが始まった。

タイム順ではないのでみんなほぼ同じ位置でスタートするもアッと言う間に背中が見えなくなった。

安定のブロガー最後尾。

と思ったら他の後続ランナーもどんどん私を追い抜いて行く(笑)

これ、京都マラソンの時も同じ光景を見たな(汗)

最初の1kmは6:15
私からすると頑張ってハイペースで走っているんです

これホンマに完走出来るんかいな?って不安になる。


コースはほどなくして登りに入り、追い抜く展開に変わった。

そうなると周囲のランナーと立場は逆転。

『こっからは俺の土俵』

弱気になっていた自分を戒め強気に走る。

序盤の遅れを取り戻していく。


IMG_0011887.jpg
登りに入ってだれやねんさんではないリラックマの仮装をした人を発見した。
もしやと思って声をかけたらもうひとりのリラックマさんだった。
お伊勢さんマラソン、京都マラソンのレポで登場した方。
今回も発見してしばらく談笑しながら走らせていただいた。
ブログの読者さんとお会い出来るのは嬉しいですね。


伊吹山一合目まではずっと登り坂が続く。

登りでは誰にも抜かれず気持ち良いくらいごぼう抜き。

途中で数百メートルフラットな道があったのですが、そこではごぼう抜きされる。

『なんやコレ?』 いとおかし、自分でも笑ってしまう。


一合目までは走った方が良いと聞いていたので歩かずに到着した。

IMG_0011888.jpg
うおっ、これ登るんか・・・
ほとんどのランナーが歩いている。
それでも走るところは走り、歩きでも抜けるペースで登っていく。

 to be continued・・・

参加予定大会
2017.04.29
堺シティマラソン 10km
2017.09.17
丹後ウルトラ 100km
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
115kg(2017.3)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 56:51
2016年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ