和歌山・桃源郷マラニック

IMG_0015285.jpg
カステランさん、ストラトさん、えーかわさんと遊んで来ました♪

場所は和歌山県紀の川市。

打田駅に集合。

すでにめちゃくちゃ暑い。


IMG_0015284.jpg
結婚式の余興の為に集まっていた若者と一緒に。

この後もマラニックで初めて知り合う方々と写真を撮ることになろうとは・・・

たぶんみんな暑さでテンションおかしかったのかな(笑)


IMG_0015231.jpgIMG_0015233.jpg
IMG_0015235.jpgIMG_0015237.jpg
西行法師像、大量のたまねぎ、弘法大師像を通り抜け、百合山新八十八ヶ所のコースに入ります。

IMG_0015236.jpg


IMG_0015241.jpg
この小さいのがお寺で、一番~八十八番まであるので良い道案内になってくれます。

若干ロストしましたが(笑)


IMG_0015298.jpg
この写真、幻想的で好きです。

「世界遺産」と思いきや「世間遺産」だった石碑を眺めています。


IMG_0015242.jpg
標高のわりにきつい階段を登り・・・


IMG_0015244.jpg
紀の川や街を見渡せる最初ヶ峰の展望台へ。

桃やブドウの実がなっている道を下ってロードに戻ると暑さが酷くなっとる。

桃源郷だけあって販売所が多く、ほのかに香る桃の香りが暑さを一瞬忘れさせてくれた。


IMG_0015247.jpg
チラッと三船神社に寄ってゴールの下井阪駅へ。

16.6kmのマラニックでした☆


IMG_0015251.jpg
和歌山に移動してPOWER OF わかやまの会場でビールを飲み歩き。

オレンジビールを飲みましたが、さっぱりして飲みやすかった。


IMG_0015275.jpg
女子高生がラーメンパン売りに来られたり

タイ料理のカオマンガイ食べていたら外国人と間違われたり(笑)


IMG_0015289.jpg
せんべい女子に声をかけられたり


IMG_0015256.jpg
家族写真を撮っておられたので撮ってあげたところ
「せっかくなので一緒に撮ってください♪」と言われたり写真祭り。

和歌山城や刺田比古神社も散策。

神社でコスプレ祭りというアンバランスがおもしろい。


IMG_0015302.jpg
一日怪我なく終えたことを神に感謝して締めくくる。

一人では暑くて走られませんでした。

カステランさん、ストラトさん、えーかわさん、一日遊んで下さってありがとうございました☆


レジェンド ~第三回暗峠王選手権 その後~

この日以来、大食いした時には妻から「レジェンド」と言われている。

時は第三回暗峠王選手権前夜・・・


妻から「夕飯いる?」 と聞かれて

ゴリ「家で食べるよ」 と言うと え~っ!という表情。

いない方がご飯作る手間省けますからね、この反応も仕方ないか。


暗峠王選手権が終わり、お風呂に向かう途中で腹ペコだったので、ゆで卵を買おうとしたら売り切れ。

仕方なしにサラダチキンを食べました。

散々走って喉カラカラにサラダチキンは拷問(笑)

お風呂に入ってアフター会場の大阪王将へ。


同じテーブルに座ったカブトムシさん、山ちゃん、ストラトさんは焼きそば・ビール・餃子のセットを注文した。

私だけ「酢豚と餃子5人前下さい」

明らかに浮いている。

IMG_0015161.jpg
IMG_0015162.jpg
5人前乗らなくて皿2枚でキタ。

今日は頑張ったから食べる。

お腹いっぱいになって疲労困憊で電車で寝落ち。


IMG_0015163.jpg
甘い物が食べたくなってTENGA茶屋で嶋屋のポテトを買って帰った。

洗濯してゲームしながら甘い時間を過ごす。

妻にはお腹いっぱいだから夕飯不要ですとLINEを送る。


「レジェンドになったん?

嬉しそうに帰宅した妻の横でモシャモシャ芋を頬張る我が家のレジェンド。
※減量中だったよな?

第三回暗峠王選手権 ~登り番長、完膚なきまでにKOされる~

IMG_0015165.jpg
やべっちさん主催の暗峠王選手権に参加してきました。

普段楽しく走る仲間もこの日は早く頂上に辿り着かないといけない為、みんなライバルだ。

関東からの刺客、た○さん(伏字にならず)も来襲。


登りで遅れをとるわけにはいかぬ。

えーかわさんがロッキーの曲を流しながら応援して下さったり、
おぐらさんの美女の水で潤ったり、
山ちゃんエイドやごろみさんの飴ちゃんで生き返る。

ありが㌧♪

密かな目標で大阪側ではサブ3.5ランナーに食らいつくことを考えていたので何とか目標達成か。


奈良側は惨敗で持久力のなさを露呈してしまった。

すぐに歩いてしまって、復活することもなくズルズル。

大阪側で上位に食い込んだのに奈良側は後ろから数えた方が早かった。

before



after
IMG_0015166.jpg
惨敗写真


優勝したなーさまはさすがに強かった。

やべっちさんも男を魅せたし、takeちゃんは笑顔で登って行くし、

やまけんさんやサトさんには後ろからブチ抜かれた。

た○さんの背中が視界から消えた時は尊敬の念を抱いた。


あわよくば大金星が頭の中にチラついたのが情けない(笑)

ガシガシ登っていく姿を目の当たりにして『みんな強いな~』と何度もつぶやいた。


持久力のなさと下りの弱さを痛感。

これでは丹後の碇高原の下りで地獄を見る。(辿りつけたらの話ね)

サトさんやし~やんさんにコツを聞いたので、これからの練習で活かしてみよう。

やっぱりみんなと走るのは楽しいです。


丹後ウルトラ100km参戦は間違いなく私のマラソンに対する意識を変えた

あと3ヶ月に迫った丹後ウルトラマラソン100km

参戦を決めてからのこの3ヶ月、マラソンに対する意識や取り組み方が変わってきているのを感じる。

筋トレ7:3マラソン

くらいの比率でトレーニングをしていました。

マラソンに対してはタイムを気にせず走りたい時に走り、ペースや練習内容もテキトーで気分屋。

月間走行距離は60~80km程度だった。


それがサブ4に手の届きそうな位置にきて、瞬発力人間なので最も苦手な分野であろうウルトラマラソン挑戦。

かなりデッドラインに近い場所にいるのは分かっているのですが、完走出来るかどうかのギリギリの戦いをすることに良い意味でのドキドキ・緊張感が湧いてくる。

こういうのが好きでスポーツやっているんだろうな。

そういや昔からそうだった。

強い相手と戦うことに喜びを感じていた。


『このままじゃ完走は厳しい、もう少しマラソン頑張ろう』

そう思うようになった。

少しずつですが、行動に移している。

筋トレ5:5マラソン に変わりました。


今までは一週間あるうち、4~5日 筋トレ 2日マラソンくらい(両方練習することもある) 2日休息だった。

それが3~4日筋トレ 3~4日マラソン 2日休息 くらいになった。


一回で走る練習の距離や月間走行距離も伸びた。

3月 79.6km 丹後ウルトラ参戦決意

4月 98.8km 怪我があって月途中失速するも100km近く走られた

5月 129.3km 3年ぶりに30km走をやった

6月 まさかの二ヶ月連続の30km走、昨日はダイトレ21km一人旅


一気に練習量を増やして怪我するのだけは避けたいので少しずつ。

マラソンに関しては筋トレのようにトレーニング理論や栄養学を勉強しようとまでは思いませんが、それでも自分の長所を活かした走りが出来るように、そして丹後ウルトラ完走とサブ4を達成して筋トレランナーのグランドスラム(筋トレビッグ3 350kg フルマラソンサブ4 ウルトラマラソン100km完走)を達成したい。




エントリー合戦 ~奈良の戦い2017~

201X年、世界は核(奈良マラソンエントリー)の炎に包まれた!
海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅したかのように見えた。
だが、人類は死滅していなかった!


エントリー合戦無敗男、マッスルゴリ。

奈良マラソン大好き男、欲満載でエントリー合戦へと挑む。


マイルームのパソコンの前に陣取る(通称ヲタクの陣)


20時・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・


・・・・・


・・・・


・・・

shodoku1.jpg


shodoku2-2.jpg


4851520.jpg

orz
私のような汚物(物欲)は消毒されました(泣)


さぁ、12月のレースどうするかな…

遠征も視野に入れて良さそうな大会探そう。


参加予定大会
2017.08.27
夢高原かっとび伊吹 10km
2017.09.17
丹後ウルトラ 100km
2017.11.19
神戸マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 49:23
2017年堺シティマラソン

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ