蒙古タンメン中本 火を噴く北極ゴリ生まれる

カップ麺食べないのにずっと気になっていた蒙古タンメン中本。

ごえちゃんに勧められ、数年ぶりカップ麺を食す。


IMG_0015167.jpg
あぁ、懐かしい味だ。(中本は初めてね♪)

栄養成分は見ない方が良い。見たけど。。


いやぁ、旨辛でしたね。

喉ごしを楽しもうなんてしたらそこで「ごふっ!」ってなりました。

大学の頃に下宿している友人宅で男女問わず6人くらいで辛いチゲ鍋作ったのを思い出したぜ。

あぁ、もも肉入れたいなぁ。

チーズ入れても美味しいかもしれない。。

麺よりもご飯バージョンの方が個人的には好きかな。


数日後・・・



さらに辛いやつが出たという情報が!

IMG_0015226.jpg
ただでさえ辛いのにさらに辛くなっとる。

なんと10辛 アフォ?

ちなみに辛いのは比較的強い方だ。

あえて挑戦したりはしませんが、激辛メニューでギブアップした経験はありません。


IMG_0015227.jpg
地獄の赤

まずはスープからごくり・・・



umaiii.jpg
か・ら・いーーーーー!!!
火を噴く辛さ。

食事で汗が出ることのない私が額に汗が出てきた。


shuren.jpg
顔だけ熱い(笑)


IMG_0015228.jpg
完食。。。

途中でご飯ダイブかました。

やっぱりご飯の方が美味しい。

ごちそうさまでした。


ラ○ウ「まさに炎の男よ・・・」

ゴ○「性格的にはジュウザなんだが」


乱れた食生活 減量10週目

6週目の時に-4.5kg

順調に来ていると思いきやこの4週間で急ブレーキ。

最も大切なことである食事・栄養管理がグチャグチャになってしまった。


あまり体重計に乗らない人ですが、今朝4週間ぶりに体重見たら全く変わっておらず(笑)

IMG_0015224.jpg
でも鏡を見ると4週前より少しだけ絞れたようにも見える。

体重より見た目重視なので気合入れすぎずテキトーに続けます♪


デートの〆は台湾まぜそばでどない?

アンダーアーマーのシークレットセールの帰りに寄ってきました。

今回お邪魔したのは・・・


つけ麺 雀 天満橋店


減量真っ只中ですが、この日にチートデイを合わせてきました♪

朝からパンをアホほど食べましたが、買い物はお腹がすきますよね。

12時過ぎに来店、数名並んでいましたが、10分ほどで着席。


IMG_0015029.jpg
台湾まぜそば 通称:国税局ブギー きたー!

麺大盛り無料で400g 温玉トッピング。

これをま~ぜまぜ。

魚粉の良い香りがしてきた。

これはおいしそうじゃ~。


実食!


う・・・うまぁ☆

ピリ辛で麺はパンチ力があるし、これはイイ。

暑い季節になってきましたが、それがまた美味しさをそそる。

夫婦でがっつく、リズム良くどんどんススム。

まさにブギーじゃ。


〆に追い飯もあってま~ぜまぜ。

白ご飯になるとあら不思議、一気にあっさり食べやすくなった。

ボリュームたっぷりでお腹いっぱい、ぶひー。


☆ごちそうさまでした☆


減量6週間が経過してカラダも走りも変わってきた

12週間の減量プランで考えているので、半分が経過。


IMG_0015026.jpg
体重は-4.5kg

恥ずかしがり屋さんの私の腹筋も少しずつこんにちはしてきています。

まだ脂肪があるのでしっかり削っていきたい。


一度低血糖症状を起こしてしまいましたが、強烈な空腹感に襲われることもないです。

食事は結構食べているとは思いますが、今回の減量では

・運動量が多めであること
・クリーンな食事が出来ていること(自分比)
・基礎代謝が高い(1800kcal)
・減量を何度か経験することで自分に合うと思われるやり方に調整出来ている

などで現在のところは順調に減らせています。


体重が減ってくると走りの調子も上向きになりますね。

丹後100km完走に向けて今までの練習ではダメだと思い、ランニングの量を増やしています。

たのくるさんに教えていただいたフォームを自分の物にする意識で練習では毎回丁寧に走っています。

少しずつではありますが、自分の走りが変わってきていることを感じています。

マイペースに、一歩ずつ自分が成すべきことを成すのみ。


食べ物を残すことの罪悪感と本当に食べなければいけないのかという気持ち

「出された物は残さず食べる」

そのように育てられてきました。

基本的にはこの教えを守っていますし、そのように育てられた方も多いと思います。

家ではご飯一粒も残しません。


ただ、この考え方に近頃疑問符がつくのです。


・嫌いな物まで食べないといけないのだろうか?

私は恥ずかしながら好き嫌いが激しいです。

味覚は人それぞれだし、アレルギーはなくても食べたらえずいたりカラダの調子が悪くなるものがある。

栄養的には代用しているし、たくさん好き嫌いがあっても他人より健康的な食生活をしています。

カラダが受け付けない物まで無理矢理口に入れないといけないのだろうか。

世界中で食べられない人がたくさんいるという理屈がよく登場しますが、全く別問題だと思う。


・カラダに悪い物まで食べないといけないのだろうか?

会社の昼食で白身魚のフライが出ました。

衣を剥がして魚だけいただきました。

減量中だし、どんな油を使っていて酸化しているかも分からない油物は口に入れたくない。

むね肉をいつも食べていますが、皮は剥ぎます。

皮は好きですが、脂質が多いからです。


大前提として作って下さった方に感謝の気持ちを持つ。

自分で作る時に食べない部分を捨てる時は『ごめんなさい』と心の中で言うようにしています。

0か100かの考え方ではしんどくなるので臨機応変に対応しているというのが現状です。

嫌いな物やカラダに悪い物を口に入れても後で苦労するのは食べさせた人ではなく、何よりも自分だから。


参加予定大会
2017.09.17
丹後ウルトラ 100km
2017.11.19
神戸マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 49:23
2017年堺シティマラソン

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ