祝☆減量終了と胸やけ

5月から始めた減量が無事終了しました。

-10kgを目標にしていましたが、結果は-8kg

栄養管理(PFCバランスやカロリー収支)、筋トレとランニングで落としていくやり方。

しかし、途中で緊張の糸が切れて何度も大食いやお菓子に手を出す始末(笑)





上半身
IMG_0015452.jpg IMG_0015458.jpg

下半身
IMG_0015455.jpg

いつも通り絞りが甘い(汗)

身長178cm 体重71.6kg BMI22.6 体脂肪率10.9% 筋肉量60.55kg 推定骨量3.3kg 内臓脂肪レベル4 基礎代謝1804kcal 体内年齢18歳 体水分率65.7%





減量終わったら何でもコイヤ~!




と思っていたら大阪を代表するこってりラーメンに胸やけKO。

こってりラーメン以外にも揚げ物、肉の脂等は胃が受け付けなくなっている。

体質変わったなぁ。


早速色々と食べちゃっていますが、本来は2週間くらいかけて食事量を減量→通常モードに変更していきます。

ここ数ヶ月栄養が足りない状態でトレーニングをしていたので、体調を整えていざ丹後へ!


受診結果と妻の誕生日

靴ずれと思いきや虫刺され疑惑の水ぶくれ。

初めは小さかったですが、どんどん腫れてきてスーパーボールくらいに。

画像はグロいのであげません(汗)

仕事終わりに皮膚科に受診してきました。


診断はブヨによる虫刺され。

なかなか酷い状態なので完治まで日にちを要するとのことです。



そして昨日は妻の誕生日でした。

受診後に焼き鳥屋さんにて家族でお祝い。

健康で私に優しくしてくれる一年になりますように


靴擦れと思っていたら虫刺され?

昨日の記事でアップした靴擦れと思われる写真。

翌日になったら腫れが4倍くらいになり、かなりの痒みも出てきました。

靴擦れにしては明らかにおかしいと思ってネットで調べてみると虫刺されっぽいです。


思い出してみるとチクッと軽い痛みが一度走りました。

面倒くさいですが、仕事が終わってから皮膚科受診に行かないとダメっぽいです。


トラブル続出の50km走 ~最後の追い込み~

丹後に向けて最も負荷をかける今週。

最後の追い込みで50km走をやりました。

前回、かおりんさん、ストラトさん、えーかわさんと走ったコースとほぼ同じ。

6時間くらいで走り切れたら100点満点で考えていました。


グダグダしていたら5時出発になる。

走り出して数分で雨が降り始める。

シューズの中も濡れてきてわずか10kmで両足の第二指にマメができてしまい、コンビニで絆創膏を調達して応急処置。


15kmくらいで天野街道に入ると雨が一層酷くなってきて顔に当たって痛いくらいに。

しばし止まって雨雲レーダーとにらめっこ。

寒くなってきてより厳しい環境になってきた。


弱気の俺「マメができて雨もきつい、峠越えもあるし、このまま引き返したほうが良いよ」

強気の俺「50km走られるのは今日しかないぞ、このまま丹後挑戦するんか?」

とりあえず進んでみるも何度も引き返そうかと思った。


25kmの金剛寺でさらに左足第一指にもマメができて応急処置。

ここからが激坂が続くが、33kmの滝畑までたどり着く。

滝畑を越えると和歌山まで行かないとバスはない。


『折角ここまで来たから行こう!』

覚悟を決めた。

滝畑の温度計は21度、そりゃ寒いわけだ。

この頃には雨が止んだ。



蔵王峠までの上りは今日は景色を楽しむ余裕なし。

蔵王峠の看板までたどり着いたところで、右足の第一指にもマメが(泣)


痛みをこらえながら和歌山方面へ下りて行く。

指だけじゃなくて膝もしんどくなってきた。

下りなのに結構歩いてしまう。

ラスト3kmはこれ以上無理をすると膝も怪我すると思って歩きに切り替えた。

IMG_0015444.png

結局52.7kmを7時間かかった。

補給は家からおにぎりを1.5合 アミノ酸を持って行き、移動中に補給。

水は寒かったこともあって2Lで済んだ。

トイレは3回

マメの処置や雨雲レーダーとのにらめっこの時間(約40分)がもったいなかったか。

トラブルがあったり、起伏のあるコースとは言え、
丹後100kmの制限時間14時間を考慮すると、時間の余裕は全くなかった。


IMG_0015443.jpg
靴擦れも起こしていて帰宅後に5箇所処置をしなおす。

何とか走りきりましたが、脚はボロ雑巾状態。。

ここまで追い込む必要が果たしてあったのだろうか?

本番でもマメ対策は必須ですね。


帰宅ランあれこれ

今月に入ってから週に1~2回帰宅ランを始めました。

なかなか良いことが多くて気に入っています。


・会社~自宅まで13kmとちょうど良い距離。

・時間を有効活用出来る。

・食後に走って低血糖症状を起こすことがありますが、帰宅ランだと起きない。

・冬だと上着などでかさばりますが、この時期だと薄着なので荷物がコンパクト。


走っているとのんびり進む自転車と似たようなスピードになることってありませんか?

・髪が長くて良い香りがする女性の後ろを走っていたら、気が付けばキロ4:40になっていた(汗)

・何kmも前後を走っていると妙に親近感を覚える。

・でもたまに変な目で見られる(泣)


ぎりぎりな中での練習 ~最後の追い込みへ~

私程度のレベルの話なのでテキトーに読み流して下さい(笑)


丹後ウルトラまで残り一ヶ月を切った。

練習量は今週がピークに達しようとしています。

8/21時点で183km。

8/26に蔵王峠を越えて和歌山までの50kmをもう一度走って一番負荷をかけようと思っています。


丹後参戦を決めて自分なりに筋トレとマラソンの両立、

体調・栄養管理、時間を作りながら練習に取り組んできました。


月間距離は80→100→120→180→200

と伸ばしてきた。


それにつれて、肩(これは筋トレで 泣)や足の指など少しずつ故障箇所も出てきました。

最後の50km走を乗り切ると丹後完走にまた一歩近付くと思っています。

あとはしっかりとコンディション調整に入りたい。


マラソンにおいては以前から人のことをライバル視しませんが、自分のことすらライバルとも思わなくなってしまった

野球をやっていた時は真逆の考え方だったのに不思議です。

勝ちに飢え、相手エース投手の渾身の一球をフルスイングで粉砕することに喜びを覚えていた10代の頃とは大違いだ。

相手が全力で向かってきているからこちらもそれに応えるのが礼儀だという考えです。


大人になりチーム競技から筋トレやマラソンなどの個人で楽しむスポーツに変わった。

以前より人をライバル視することも誰かに勝ちたいとも考えたことはありません。

「自分を超える」ことを意識していた時期はあります。

ところが、最近「自分を超える」ことを意識するようなこともなくなりました。

元気にトレーニングが出来ているだけで満足している自分がいます。

まさにライバルは一人もいない状態になってしまった。


満足は成長の妨げじゃ~ なんてストイックなことを考えてみるも心に響かない。

これは何度か記事にしましたが、何かに勝つ為にやるスポーツはもう嫌になるほど経験したからかもしれない。

趣味でやっているスポーツだからそれで良いかなって。


やっぱりマイプロテインのコスパは素晴らしい&プロテイン購入の狙い目

プロテインやアミノ酸などのサプリメントはマイプロテインで購入することが多いです。

理由はコスパの良さが素晴らしいから。

特にプロテインに関しては日本語サイトオープン前から利用しており、ここより安くて品質の良いプロテインは見たことがありません。


通常の価格でもまぁまぁ安いのですが、しょっちゅう何かしらのセールをやっています。

狙い目は25%オフ以上の時

このタイミングは月に1度ほどやってきます。

先日のセールでは35%オフに加えて3600円もするプロテインウエハースもオマケでついてくる大きなセールだったので7.5kg分のプロテインを大量購入しました。


それでは、どれくらい安いのか?
ホエイプロテイン(WPC)1kgの価格を調べてみました。
※8/16 amazon価格

ザバス 4020円
ビーレジェンド 3970円
DNS 4860円
バルクスポーツ 3100円
グリコ 3945円
kentai 3645円
マイプロテイン 3320円

これでも安いですが、こう見るとバルクスポーツの方が安いです。

myprowhey.jpg

しかし、マイプロテインの強みはここから。

・25%オフ以上またはオマケ付きのセールをしょっちゅうやっている。

・2.5kg 5kgサイズも販売されており、サイズが増えると価格も下がる。

・味が50種類以上と豊富。



私の場合プロテインは1kgだと2週間足らずで飲み切りますので大きなサイズで買っています。

先日の35%オフセールに5kg(9770円)を買ったとすると6350円

1kgあたり1270円!

さらに今回は3600円のプロテインウエハースのオマケ付き。

時にはBCAAなどのアミノ酸がオマケでついてくることも。

年間通したら数万円の差になりますね。


しかし、デメリットもあります。

イギリスの会社から発送されるので届くまでに2週間ほどかかります。

amazonで国内産を買うと1~2日で届くのでこの差は歴然。

余裕を持って購入することをオススメします。


私は経験ありませんが、ダンボールが潰れていて中身が破損していたなんて話も聞きます。

日本の品質と比べると梱包や発送技術に疑問あり。

神経質な方にはオススメ出来ません。


しかし、上手に使えば非常にお得です。

トレーニングもこういった情報が大切だと思います。


マイプロテインから購入時に
初回購入限定全品25%オフ割引コードTAISHI-R3を入力するかこのリンクから飛ぶと自動的に適用されます。


丹後を見据えた50kmを走ってみて起きたことや感じたこと

丹後100kmのレースに向けて体調管理や準備を兼ねて記録しておきたいと思います。

50km走前日

会社の歓迎会があったが、明日走ることを伝えてお酒は乾杯の一口のみ。

カーボローディングをして飲み会は21時すぎで途中退席。

3日前にやった脚トレの筋肉痛が残っていたので入浴後にストレッチポールをして23時就寝。


当日

レポはコチラ

3:00起き 起床時プロテイン
朝食は全卵2個、納豆(ネギ・しらす)、白ご飯100g

BCAA8g カフェインを飲んで4:45出発。

補給はアミノX15g×2(ボトルとチャック付き袋) 水4L 塩飴3個 おにぎり たまごと照り焼きチキンのサンドウィッチ2個 アイス2本(ミルクとパルム) 

マラニック終了後、お風呂でセルフマッサージ、ストレッチ、温冷交代浴。

親子丼を食べて帰宅。

自宅でも入浴後ストレッチポールをして就寝。

トラブル箇所
・両わき、股ずれ→ムヒS塗布で翌日に治癒
・左足第二指(右側)水ぶくれ
 →切り目を入れて水抜き(翌々日の20kmジョグ影響なし)
・右足第四指(右側)擦れ(水ぶくれには至らず)
・両足第一指の爪 下りで痛み(内出血に至らず)

擦れる箇所が分かったので、しっかりワセリンを塗布することで予防しよう。

シューズはライトレーサーTS5で走りました。

丹後本番もこれで行く予定。


翌日

筋肉痛及び関節痛なし(これには驚いた)

ハムやふくらはぎには張りが残る。

家族でプール・お墓参り・盆踊りと一日中付き添い、トレオフ。

倦怠感などはないものの、7時間睡眠だったのに一日中眠たかった。

ストレッチポールでは大腿筋膜張筋に疲労感があってゴリゴリしていたらポールに乗ったまま寝落ち^^;


翌々日

私のお盆休み最終日。

子どもが起きる前に出かけて20kmジョグ。

自宅~光明池往復。

平地がない泉北一号線沿いをずっと上りと下りの繰り返し。

50km走の疲労が抜けきっていない様子だが、何とか走ることが出来た。


この3日間で70km、十分走りこめたと思います。

かおりんさん、ストラトさん、えーかわさんのおかげです。

30km走にカラダが慣れてきていましたが、怪我を恐れて50km走るか悩んでいました。

でも、走って良かったです。

し~やんさんが「50km走やると何かしらトラブルが出るから事前に対応出来る」とおっしゃったのが身を持って体験出来ました。


近頃走るほどに筋肉が付いて来てくれているのを感じます。

今回の蔵王峠50km走のコースはとても楽しくて良いコースでした。

来週末(8/26 土)に4:30出発でレース前最後の長距離走、蔵王峠に再挑戦しようかとも考えています。



丹後挑戦組で行く和歌山50kmマラニック

私のお盆は三連休。

丹後に向けて30~50kmの走り込みをしようと思っていました。

かおりんさんから50km走やらない?

とお誘いが来たのでホイホイ付いて行きました♪


朝4:30 住吉からかおりんさん、ストラトさん出発。

堺東でえーかわさん合流。

私は自宅周囲をクルッと回って大阪府立大学前で合流。

のんびり上っていく310号線を狭山方面へ。


IMG_0015390.jpg
スパヒルズから天野街道へ。

かおりんさんとのデートマラニックで走ったコースですね。

この辺りまで来ると信号がなくなります。

プチトレイルで走りやすい。


IMG_0015392.jpg
金剛寺→関西サイクルスポーツセンターのきつい坂を上がっていく。

復路の七竜峠の方がまだきついらしいのでこれは歩き決定かも。

ストラトさんの上り坂が強くてついて行くのがやっとでした。


IMG_0015394.jpg
さらにズンズン進んで滝畑ダムへ。

まさかここまで家から走ってくる日が来るとは思いもしなかった。

キャンプ場がたくさんあるのでBBQの匂いが食欲をそそる。

滝畑のお茶屋さんで休憩(30km)

ここから和歌山に下りるまで最後の補給ポイントとなる。


IMG_0015397.jpg
光滝寺キャンプ場も抜けて蔵王峠の長い上り坂が続く。

木漏れ日が所々で射し込んでいてとても美しい。

滝畑四十八滝と言われるほどこの辺りは滝が多い。

すぐ横には川も流れていて涼しくて素晴らしいコース。


IMG_0015398.jpg
標高561mの蔵王峠へ。


IMG_0015411.jpg
和歌山側の景色や紀ノ川が見えてきました。

ここからがずっと下りが続く。

えーかわさんが水を得た魚のように下りがものすごく速かった。

背中を見ていても活き活きしていて気がつけば見えなくなっていた。


キロ5を切るスピードだったようですが、40km辺りからの下りは足や爪に堪えました。

もう少しスピードをコントロールしながらも負担のかけない走りを身に付けないと。


かおりんさんは長居公園に慣れた平地民だとおっしゃるが、今回のマラニックでは自力の強さがさすがで上り下り共に強かった。


IMG_0015403.jpg
八風の湯に到着で無事50km走破☆

みんなに連れて行ってもらったおかげで楽しく走り切ることが出来ました。

ありがとうございました☆

50km走ったことで色々と見えてきたことがありました。

それについてはまた明日の記事にて。


自己暗示戦法でどこまで走られる?

私は仕事の日はだいたい18:30~19:00くらいに帰宅しています。

子どもの宿題をみたり、家族と一緒に食事をするなど団らんの時間です。

子どもが寝始める21時頃から筋トレしたり、走ったりしています。


平日に走る時はだいたい5~10km。

睡眠時間も確保したいので23時頃には終わるように心がけています。


『今日は5km走ろう』と思ってスタートするとなぜか5kmしか走られない。

ペースもたいして速くないのに呼吸が乱れたりしんどくなる。

それなのに週末に『今日は20kmとか30km走ろう』と思うと走られちゃう。


何だこの差は?

このブログがアップされている頃、私は50kmマラニックを走っていると思われる(しかも未知の距離)

昨日は5kmでバテバテだったのに翌日50km・・・

しっかり『今日は50km走ろう』と自己暗示をかけておく必要がありそうです。

丹後もこれで・・・(略)


やっぱり肩痛ひ

少しずつカラダに疲労が溜まっているのかもしれない。

先日腰がピキッとする回数が増えていることを記事に書きました。

まだドッカーーン!とくるギックリ腰にはなっていませんのでまだ大丈夫です。


ランニングの練習量が増えていますし、台風が来たこともあってランニングはお休み。

ここ一週間ほど肩が痛いです。

恐らく一週間前にやったベンチプレスで痛めたものと思われる。

初めは違和感くらいだったので痛めているとは分かりませんでした。

数日後に肩のトレーニングでショルダープレスやサイドレイズなどもやったら痛みに変わった。


肩トレは中止しています。

胸トレはどうかなと思ってベンチプレスを少しずつ重量を挙げて様子見。

ウォーミングアップの70kgで痛ひ(泣)


こりゃダメだ。

胸トレもしばらく中止ですね。

日常生活では肩を90度以上上げる、上衣の着脱時に痛みが出ます。

激しい痛みはなく、挙げられないほど痛くはないので恐らく腱板損傷かなと思われます。


脚はまだ元気ですから、ここを痛めたら本当に泣かないといけない。

走り込みの8月、しっかり乗り切ってもらいましょう。


楽しむ気持ちと勝つことの比率の難しさ

指導ってやっぱり難しい。

野球を教え始めて数年が経ちました。

いまだにどのレベルまで指導してあげたら良いのか悩んでいます。


小学生の野球チームなので「楽しむこと」が一番だと思っています。

ただ、「楽しむ」って何なのでしょう?

①勝ち負けはどっちでも良くて野球自体を楽しくワイワイする。

②堺市とか大阪で優勝ほどではなく、ほどほどに勝ちたい。

③勝つことが喜びであり、楽しい。

恐らくチーム方針は②なんだと思う。

対戦相手がいて勝敗があるスポーツはこの匙加減が難しくて、選手・監督・コーチ・親が同じ方向を向いていないことがある。


先日の大会は堺市内で優勝チームを決める大きな大会だった。

堺市中区で優勝しての代表としてチームは参加した。

当初のチーム目標はこの堺市中区で優勝することだった。

すなわち目標は達成されたわけで、この大会は文字通り勝ち負けよりも楽しくプレーするものだと思っていました。


ところが試合が始まると様子が違った。

大人たちはものすごい形相でたくさん選手たちに指示や声かけをしていた。

自分が選手だったら耳障りだと思うほどに一球、ワンプレーごとに。


私個人の方針として試合中は選手に指示は出さない。

ただし、練習中はたくさん指示・指導をします。

なぜなら試合でグラウンドに立ったらキャプテンやキャッチャーが中心となって自分たちで考えて声をかけ合わなければいけないと思っているから。

選手は監督やコーチの駒じゃない。

野球から離れた時に自分で考えて動ける子に育ってほしいという想いもあるから。


結局堺市の優勝を決める今大会は初戦敗退でした。

試合を楽しんでいる様子はなく、勝利への執念を感じることもなく、不甲斐ない内容でした。

意識が高い子は泣いている子もいた。

勝つことに、強いチームと戦うことに飢えている自分が選手だったらどうだろう?

たぶん悔しさを通り越して泣くことすら出来なかったもしれない。


『なんだ、もっと勝ちたいと思っている人もたくさんいるじゃないか』
『それじゃあ今の練習では勝てないよな』
と内心思った。

相手チームの方がしっかり練習していて強いのは明白だったからだ。

それでも野球ってのは上手に戦うと勝つことが出来るスポーツ。

このチームは戦い方においてもまだまだなのだ。


対戦相手も「勝ちたい」と思って練習している。

「勝ちたい」ならそれ以上に練習して心技体・勝つ戦い方を身に付ける必要がある。


この大会には私も小学生の時に出場して優勝している。

高校生の時には全国ベスト4や国体の大阪代表としても戦い、どうすれば勝てるのか、その為に何をするべきなのかは分かっているつもりです。


ここで自分の経験を活かして教えてあげれば一発解決なのかもしれない。

けれでも、勝利への執念がない人たちにどう伝えれば良いのだろうか。


自分にとって「楽しむ」は限りなく③に近いのかもしれない(野球に限っては)

練習は嫌になるくらいやってしんどいですが、大きな大会で名門の強いチームと一発勝負の真剣勝負をして勝つことが何よりも楽しく、嬉しかった。

辛い練習の何倍も喜びとなって返ってくる。


そんなわけで、選手・監督・コーチ・親に言いたいことの30%ほどしか言えていません(笑)

大人の中で一番年下ですし、ほとんど練習や試合に顔を出せていない中であーだこーだ言っても反発くらうのは目に見ていますから。


コーチにちゃんと復帰してから徐々に伝えていこうとは思いますが、そこでどういった反応が待っているか。

正直な気持ちを言うとコーチやらずに自分のトレーニング(筋トレやマラソン)したいんですけどね(汗)

悩みはつきそうにない(笑)


魔女の一撃回避?

腰には良くありませんが、私は地べたに座って生活をすることが多い。

日曜日に子どもの野球の大会があったのですが、コーチや監督の人数に対して椅子が一脚足りず。

一番年齢が若い自分は当然椅子に座ることはせずにグラウンドに座って観戦。


途中から数回腰がピキッとなった。

『あっ、やばい!ぎっくり腰になる!』

と思って防御反応が起きて大事に至らずに終わりました。

このピキッの回数が最近増えている気がする。


そのうち数年前になったドッカーーン!って感じのぎっくり腰にならなきゃいいけど。

その時は3日ほど動けませんでした。

その後もジワジワと痛みが残って完全復活まで3ヶ月を要した。

腰もちゃんとケアしていこう。


最近は泉北方面がお気に入りコース

私が住んでいる堺市中区はほとんどが平地で坂が少ないです。

このところ一回に走られる距離が伸びてきたので、週末だけでも坂の多い場所を走っておこうと考えています。

そんなわけで堺市南区(泉北)方面へ。

この辺りは堺市でも田舎の方で小さな山、自然で遊ぶ場所、アップダウンがたくさんあります。

そして○○台という住所地が多くて非常に迷子になりやすい場所(笑)→行った事がある人には分かる。。


日曜日は子どもの野球の大会で一日潰れるので土曜日をワークアウト日とした。

午前

デッドリフト
ベントオーバーロー
チンニング(ビハインドネック)
ハンマーカール
プリーチャーカール
腹筋をサーキット形式

背中・腕・腹を鍛えて午後(暑い時間に走る為)から3時間LSD

泉北一号線のアップダウンを走って泉ヶ丘から大蓮公園を抜けて堺カントリークラブ方面へ。


IMG_0015380.jpg
たまさ~ん♪
がいっぱいのタマホームが作ったタマタウン泉ヶ丘を通過。

堺カートランドあたりをグルッと回ってアップダウンの練習。


IMG_0015381.jpg
ネチネチと上り坂が続いて37℃の気温と耐えるランニング。


IMG_0015382.jpg
夏場に走る距離が伸びたことでコンビニのありがたさが身にしみる。


IMG_0015385.jpg
深井まで帰ってきたので前々から気になっていたBIG BERRY MANさんに突撃。

汗かいていたので、外の椅子で食べようと思ったのですが、
スタッフさんや常連客と思われる方が
「是非中でゆっくり召し上がって下さい」
とおっしゃっていただけたので、お言葉に甘えちゃいました。


IMG_0015383.jpg
チーズバーガーを注文。

めっちゃ美味しそう!

オーダーを聞いてから焼き上げるスタイル。

店内もアメリカンな雰囲気で何だかワクワクする。


IMG_0015384.jpg
ケチャップやマスタードはお好みで。

これは美味しかった!

野菜・バンズ・ビーフパティが非常に相性抜群。

ジャンクフードではなくてこの手作りハンバーガーは栄養バランスが良さそうです。

☆ごちそうさまでした☆


食べ終わってからももう少し近所をウロウロしましたが、お腹は問題なし。

また来ようっと。


午前中にあれだけ筋トレしてから3時間LSDやるなんてスタミナついたと感じます。

しばらく週末は泉北方面ブラブラ走ります☆


最近の練習事情

マラソン

5月 130km
6月 120km
7月 198km

一気に増やしすぎただろうか?

週3は走るようにしており、運良く週末に時間が出来て距離を稼ぐことが出来た。

今までこの距離を踏んだことがないので怪我には細心の注意を払っています。

自分の感覚ですが、脚が作られてきているのを実感しています。

平日は走りに行っても低血糖でふらついたり、走られなくなることが何度かあった。

※昨夜もなってしまいました。
歩いている日はだいたい低血糖(笑)

食べる量、走るタイミング、ペースを考えないといけないですね。


元々の走力がないので、8月にどれだけ走り込めるかで丹後完走出来るかどうかが決まってくるかと思っています。

当日の戦略も色々と考えていますが、スポーツの結果は1に準備2に準備だと思っているので頑張ります。


筋トレ

以前は週5でトレーニングしていましたが、ランニングの比重を増やす為、週3まで減らしています。

一週間で全身を鍛えるローテーションが守られていません。

減量はゆるゆるでやっており、お菓子や炭水化物を多く摂ることもしばしば。

パワーは順調に落ちています(泣)


最近肩を痛めたっぽいです。

肩トレはしばらくお休みしようと思うのでその分ランニングの回数を増やそうかと思います。


まとめ

合計週5~6のトレーニングになっています。

家庭事情もあってトレーニングする時間を絞り出しており、なかなかハードです。

それでも体力だけでなく、精神力もちゃんと付いてきているので勝負の8月をしっかり乗り切って万全の状態で丹後に挑戦するぞ!


【無念】かっとび伊吹DNS

子どもの野球の大会と重なりました。

自治会の役員も兼務しているので準備や手伝いなどもしないといけない。

予定されていた日より1ヶ月以上早い開催となり、まさかの予定が重なってしまいました。

もしかしたらお会い出来るのが最後になるかもしれない方もいると思っていただけに残念です。


これでレースは丹後ウルトラ100kmと神戸マラソンのふたつに絞られた。

筋トレランナーのグランドスラムを達成するべく、共に一発勝負のガチレースになる。


自宅~りんくうタウン 35km走レポ vol2 ~オンアイス~

岸和田を過ぎると暑さがピークに。

気温は34℃

お腹が空いてきたので長めに休憩をとってあんパンとヨーグルトを補給。

走り出してもすぐに水が欲しくなる。

走る→水→走る→水を繰り返すもあまり改善せず、思いついた策は・・・


IMG_0015363.jpg
ロックアイスと水2L(500mlより安かっただけ)を購入。

胃もボトルも満たされた。

余ったロックアイスは・・・



IMG_0015364.jpg
げっそりしたアラブの石油王オンロックアイス

すれ違う人には変な目で見られるが、そんなことは気にしていられない。

頭の上でカシャカシャ音が鳴るが、意外と落ちることはなかった。

信号待ちではわきの下に挟んで体温を下げる。

まさかこんなところで仕事の知恵が役立つとは。

復活してまた走られるようになった♪


IMG_0015366.jpg
遠くに見えていたりんくうタワーが近付くと嬉しい。。


IMG_0015368.jpg
やっとゴール。

「こっからのモンスターブリッジ往復が丹後の練習になるから行かな!」

とし~やんさんが言いそうだと頭をよぎったが振り払いました(笑)

りんくうの湯でさっぱり汗を流す(水風呂もあるよん)


IMG_0015370.jpg
栄養補給はシークル内の大起水産にて海鮮丼。

苦手なタコとエビが入っていることを気付かずに頼んじゃいましたが、ちゃんと食べました。。


IMG_0015367.png
買い物している時間がなくそのまま電車で帰宅♪



参加予定大会
2017.11.19
神戸マラソン フル
2017.12.23
足立フレンドリー ハーフ
2018.1.14
信太山クロスカントリー 10km
2018.01.28
大阪ハーフ 
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 49:23
2017年堺シティマラソン

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ