FC2ブログ

ぐったりな一週間

奥熊野ウルトラから一週間が経過。

今回は関節系の痛みはあまりなくて筋肉痛が4~5日続いた。

胃腸は問題なくて当日もガンガン食べていましたが、お菓子があまり欲しくならなかったのでちょっとは疲れているのかな。


疲労はなかなか抜けず、21時~6時の9時間睡眠が5日も続いた。

起きていられないのです。


27日に筋トレ+6kmジョグ再開

28日は20kmほどジョグペースで走りに行くも15kmで膝が痛くなって途中で止めました。

ラーメンやお菓子など減量前にカラダに悪い物食べておこうと思ってがっつくもイマイチ美味しく感じない。

しばらくクリーンな食事に変えよう。


まだ20kmは早かったか、それとも痛めているのか。

いずれにせよケアが疎かになっていたのでちゃんとやらないとダメだと再認識。


あとは減量もしないと。

奥熊野ウルトラ出走時は78kgありました。

この2ヶ月で6kg増えていますから膝に負担がかかるのも頷けます。


次のレースである奥武蔵ウルトラまで残り1ヶ月。

ケアと減量やっていかないと下手するとDNSもありうる。

スポンサーサイト

奥熊野いだ天ウルトラマラソンレポ 最終章 ゴール後~電車打ち上げ ~最高でした、また走らせて下さい~

ゴールしてからも食べ物、飲み物が充実していました。


IMG_0016857-2.jpg
ぶた汁、ぜんざい、お茶、参加賞の鈴カステラ(子どもへお土産)をいただく。

プロテインもきっちり飲んですぐに栄養補給。

生卵かゆで卵か選べるうどん、ヨーグルト、プリン、アイス、何でもアリです。


サトさんがゴールしたので声をかけに行く。

するとサトさん、しんどいはずなのにゆっくりしたり荷物を受け取りに行くことなく、えむさんのゴールを見届けていた。

さすがみんなが憧れる良い夫婦だ、あったかいな。


IMG_0016858.jpg
私もそばでえむさんのゴールを見届けた。

おめでとうございます、良い笑顔です。

あなたが愛した夫は強く・優しく・そしてあなたを想う男です。


ゴール地点のすぐ側にある温泉(ランナーは無料)でサトさんと一緒にのんびり。

えむさんから「倒れへんか見といてな」とミッションを請け負う(笑)

少しずつ元気になっていくサトさん、もう大丈夫。


山ちゃんもゴール。

ゴール地点では送迎車があり、好きな場所に送って下さるとのこと。

こんなおもてなしありますか?

最後まですごいですよ、奥熊野いだ天ウルトラ(感動)


ホテル、駐車場、駅、おのおのの場所に戻っていく。

私とサトさんは紀伊勝浦駅に送っていただきました。

10分ほどで到着。


帰りも特急くろしおに乗りますが、4時間ほどの旅になるので食べ物の買い出し。

ほとんどが17時には閉店しますが、20時までやっているお店を事前にリサーチしていたので飛び込みでお持ち帰りが可能か尋ねたら快くOKしてくださった。


IMG_0016862.jpg
IMG_0016863-2.jpg
珍しく飲み、一杯で酔う(笑)

初めて食べたさんま寿司。

さば寿司の方が一般的ですが、痛みやすいさんまをお寿司に出来るのは紀伊勝浦ならでは。

程好い酢加減でこれも美味しかった。

一匹分入っていてボリュームもあって580円、安い!


7人で帰る予定が4人になっちゃったのが残念ですが、それぞれのドラマがあったと思います。


レポの第一章でも書きましたが、奥熊野いだ天ウルトラマラソン、噂以上の素晴らしい大会でした。

参加して本当に良かったです。

リピーターが多いのも納得。


素晴らしい大会を作って下さったスタッフやボランティア、地域の方々、一緒に参加した仲間たち。

感謝と敬意を持ってレポを終わらせていただきます。

☆また来年!☆

奥熊野いだ天ウルトラマラソンレポ 第五章 井鹿会館(48km)~ゴール ~明鏡止水・花鳥風月~

okukumanokouteizu5.jpg
ラスボスの坂が始まった。

人生最長距離が50kmなので未知のゾーンに入る。

舗装された道ですが、山道が続く。


IMG_0016838.jpg
木がたくさんあるので影になって涼しくなった。

この辺りから写真に写る100kmの男性ランナーと女性ランナーと私の三人が近い距離で走るようになった。

さすが100kmランナーだけあって強い。


65kmなのに私は付いていくことでいっぱい。

『強い二人が歩くのだから、私も歩こう』

『ここで走るか!? よし、オレも走るか!』

勝手に仲間意識が芽生えてきつい区間を通過した。


男性ランナーとはゴール後に「あのしんどい区間で近くを走って下さっていたおかげで心強かった」

と声をかけていただけた。

私も同じ気持ちでしたよ、ありがとうございました。


女性ランナーとは「入賞狙える位置じゃないですか?」

という話になった。

「後ろにいた女性ランナーはどの辺りにいました?」

と聞かれたので見かけた位置をお伝えした。

同じくゴール後に再開して「お話が参考になって苦手な下りも頑張れました」

手には2位入賞の景品や完走証があって「おめでとうございます」とお伝えした。


話を戻して・・・ 坂を上っているサトさんに追いついた。


IMG_0016841.jpg
身長178cmと同じ位なのに脚の長さの差がすごい(笑)

「写真撮りましょう」とサトさんからおっしゃったが、表情は明らかに辛そうだ。

退院後間もないし、体調が良くないのでしょう。

後になって思えばまだ最後に下りがある。

「諦めずにそこで勝負をかけましょう」と声をかけたら良かった。

色々と話をしたのに勇気の出る声掛けひとつ出来なかった自分を悔いた。

しかし、私が心配する必要のないほどサトさんは強かった。

詳しくはサトさんがレポを書いて下さるでしょう♪


IMG_0016844.jpg
頂上のエイドまでやってきた。

笑顔が素敵なお母さんと娘さんかな?

「お疲れ様~」と水をかけてくれました。


IMG_0016846.jpg
IMG_0016847.jpg
ショートカット(80km)してきたランナーやずっとゆきさんの応援で走り回っていたかつおさん。

みんな良い表情をしています。

奥熊野の雰囲気がそうさせているのかもしれません。


IMG_0016848.jpg
さぁ、あとは下ってゴールを目指すのみ!

まだ踏ん張りがきく、いける!いけるぞ!


IMG_0016850.jpg
羊羹甘くて美味しかった。

ここのエイドでもおっちゃんがゼッケンナンバーを見て本名で応援して下さった。


そして下りが終わった。

ゴールまでもう少しだ!


IMG_0016853.jpg
IMG_0016854.jpg
ゴール前ではマツコやスタッフさんたちがウィニングロードを用意してくれていた。

周囲にランナーがいなかったこともあり、全員が私を迎い入れてくれた。

長かった一日が終わる。

途中辛い区間があり、長いなぁと思うことがあればボランティアや他のランナーとの交流がとても楽しかったことが思い出される。

楽しすぎて終わってほしいような終わってほしくないような・・・

複雑な笑顔でゴールテープを切った。


IMG_0016855-3.jpg

続く・・・


奥熊野いだ天ウルトラマラソンレポ 第四章 小阪上折返点(23km)~井鹿会館(48km) ~お遊びが過ぎたようで・・・~

okukumanokouteizu4.jpg
折り返し、走ってきたところを下る。

えむさん、山ちゃん、カステランさん、ストラトさん、まきさん、みんなと会えました。

他のランナーともエール交換をたくさんしました。

往路で食べたローストビーフと卵入りそうめん、めはり寿司、果物を復路でもがっつく。

気温が上がってかなり暑くなってきた。

水分も毎エイドで2~3杯おかわりしていました。


奥熊野のエイドは3kmごとくらいにあるのですが、4.4km離れている箇所があるのを見落としていました。

『何か次のエイド遠いな・・・』

暑さもあって、空腹、喉の渇きが襲ってくる(燃費悪し)

平坦からやや下りなのに視界に他のランナーがいないのを良いことに歩いてしまう。

でも不思議と焦りはなかった。

『エイドで何か食べたら復活するやろう』くらいに軽く考えていた。


IMG_0016813.jpg
見えてきたスタート地点と同じ西中野川トンネルエイドはオアシスに見えた。

がっつり補給して再出発。


IMG_0016815.jpg
次の出合橋エイドでは陽気なコスプレ集団が待ち構えていた。


IMG_0016823.jpg
「筋肉のお兄さんハグして~♪」

ゴリ「汗かいていますが、大丈夫ですか・・・?」

「ええねんええねん♪」

肉食女子高生 ※コスプレ

申し訳ないのでかぶり水をしてから。。

ゴリ「バッチコーイ!」


IMG_0016822.jpg
カオス化したエイド(笑)

8分ほど遊んで行きました。

「また来年も来るから~♪」とお礼を伝えてエイドを後にする。


遊んでいる間に逆ナン姉さんにも追い抜かれた(笑)

走っている途中で追いついたら、お友達も一緒にいてしばらく三人でしゃべりながら走った。


「今日は最後まで一緒かもしれませんね」

とか住んでいる場所の話で盛り上がった。

お友達もよーしゃべって下さる(笑)


暑さと疲労でしんどいところだったのですが、コスプレ集団と逆ナン姉さんたちに助けられました。


IMG_0016830.jpg
渓谷なだけあって山が深く、川がビシッと流れる地形。

水も綺麗です。


IMG_0016832.jpg
過去の大会に参加した仲間たちが絶賛していた生絞りみかんジュース。

酸味と甘みがあってめっちゃウマーー!

おっちゃんが横で絞ってくれていて冷たいし、おかわりしちゃいました。

めはり寿司も食べてまた長居する。

この辺りで補給予定だったアミノXを落としていることに気がつきましたが、もうどうでも良いくらいエイドが良かった。
※一部エイドを除いて炭水化物や水分中心なので、筋肉>タイムの私にとってアミノ酸を切らすのは本当は良くない(笑)


右の太ももが痛くなってきた。

スマホをポケットから出し入れしすぎたり走っている途中で擦れて傷ができたようだ。

ずっと手にスマホを持って走ることにした(痛)


IMG_0016836.jpg
井鹿会館エイドでは地元の小中学生がおもてなし。


IMG_0016835-2.jpg
子どもたちと少し話した後は豆腐をいただきました。


IMG_0016837.jpg
ラスボス。

見た瞬間『無理せんとあ~るこ(歩く)』と決めた(笑)

奥熊野いだ天ウルトラマラソンレポ 第三章 田垣内三差路(9km)~小阪上折返点(23km) ~奥熊野逆ナン物語り~

okukumanokouteizu3.jpg
ここからは下り。

上りに強く、下りが弱い

下りの強化はウルトラマラソンを走る上での私の課題でした。

丹後ウルトラ挑戦すると決めてからアップダウンのあるコースを選んで練習してきました。

5:27 5:02

ペースが早いと思ったが、カラダは無理しているようには感じなかったので弱点を克服してきているのかもしれない。


IMG_0016787.jpg
ぜんざいがめちゃくちゃ美味しかった。

甘いあずきに柔らかいお餅、たまんない。

味噌汁もあったので食べたかったのですが、ぜんざいを食べたので見送りました。

次あったら食べようと思いましたが、このエイド以降見かけませんでした(泣)

そしてまた下る。

4:34
『これはアカン、脚が終わってしまう』 減速減速・・・



IMG_0016790.jpg
IMG_0016791.jpg
たんぱく質命なので両方いただきました。

色んな味の塩も楽しめます。


ご覧の通り、エイドでは止まって食べては飲みまくっているのでどんどん抜いて行かれます。

実はスタート直後からエイドでずっと顔を合わせる女性ランナーがいました。

女性もそう思っていたようで「お兄さん、下り速いですね~、体幹もしっかりしているし、カッコイイです」

と声をかけて下さった。


声かけられるとかカッコイイとか慣れていないから一気に有頂天になる。

しばらく話しながら走りました。


IMG_0016792.jpg
顔が有頂天(恥)

よーしゃべって下さるので聞き役タイプの私はありがたい♪


IMG_0016793.jpg
距離は短いですが、激坂もあーだこーだ話ながら歩く。

坂が終わると一旦それぞれのペースで走りますが、この後もずっとお見かけして互いにエールを送ることとなります。

その話はまた後で・・・


IMG_0016796.jpg
鯉のぼりが目印の小阪下三差路エイド。

ボランティアの方が陽気に迎い入れて下さります。

気温がかなり高いのでかぶり水も様々なエイドで用意されていてとても気持ち良い。


IMG_0016798.jpg
果物も新鮮、氷もいただけます。


IMG_0016799-2.jpg
ローストビーフと卵入りそうめん、これも美味しかった。


エイドを後にしてまた上り続ける。

すれ違い区間に入り、知らないランナーにもエールを送り続けながら一歩ずつ進む。

上りの斜度がきついところは無理せず歩く。

初めてのウルトラマラソン、アップダウンも激しいのでこの先どうなるか分からない。

カステランさんやさっきのお姉さんにも「最初から飛ばさない方が良い」とか「無理せん方がええよ」と言われていた。


IMG_0016802.jpg
「ヨーグルトは手作りよ、食べてってな~」と明るく提供された。

ブルーベリーの酸味がまた疲れた体に良い感じ。


IMG_0016803.jpg
折り返してきたサトさん


IMG_0016804.jpg
ここのエイドではゼッケン番号を見て本名で応援して下さっていた。

「○○さん、大阪からですか、頑張って下さい!」

「筋肉、もう十分育っていますよ♪」



IMG_0016688-3.jpg
これや(笑)
※ハートは娘作

逆ナン姉さん(すみません)もやっぱり一緒になった(笑)

続く・・・

奥熊野いだ天ウルトラマラソンレポ 第二章 スタート~田垣内三差路エイド(9km) ~ほのぼのスタート~

IMG_0016762.jpg
当日は4時起床。

前日にコンビニで調達した朝食を食べて5時半にホテル前で送迎バスに乗って那智の滝まで。

日の出、海、岩 和歌山の景色はやっぱり好きです。


IMG_0016765.jpg
IMG_0016904.jpg
12年ぶりくらいだろうか。

マラソンで訪れる日が来るとは想像すらしていませんでした。

カステランさん、えむさん、山ちゃん、ストラトさん、まきさん、サトさん、私の合計7人全員揃いました。


IMG_0016766-2.jpg
護摩木を焚いて迫力のある滝にウットリ。。

滲んでしまって字が汚くなってしまった(汗)

裏にも「花鳥風月」を記載。




okukumanokouteizu2.jpg
100kmランナーは那智の滝スタートですが、我々65kmのランナーは送迎バスで100kmの部の35km地点へ。


65kmのスタート地点はピリピリした空気はなくて本当に今からマラソン始まるの?

ってくらいほのぼのしていた。

スタート5分前で誰も並んでおらず、「間もなくスタートですので整列お願いします」

とスタッフさんに言われてみんなおっちらおっちら並びだした(笑)


カウントダウンで8・7・6っっ54・3・2・1って噛んでしまわれたり、70mで折り返しがあるなど爆笑の中スタート。

いきなり最高です、奥熊野


IMG_0016774.jpg
しばらくえむさんの10mほど後ろを走る。


IMG_0016775.jpg
奥熊野名物の充実したエイドがこれからたくさん登場します。

次のエイドまでの距離も書かれているので助かります。

とても気温が上がる予報なのでたくさん飲み食いしよう。


IMG_0016777.jpg
茶粥、ひじき、塩、梅干しなどもおいてあり、

ボランティアの方も「熱中症に気を付けて塩とか昆布も入れて下さいね」とどんどん勧めて下さる。


飲み物は水・スポドリ・カルピス・コーラ・CCレモン・お茶など多彩です。

アミノバリュー・紅茶などを置いているところもありました。

暑い日にも関わらず常温から冷たい物まで用意して下さっていておもてなしがすごい。


IMG_0016780.jpg
IMG_0016781.jpg
しばらく上りますが、スタート直後ということもあって走って上りきる。


IMG_0016782.jpg
ビール(笑)

冷たいおしぼりがあって気持ち良かった。


IMG_0016783.jpg
熊野地方の郷土料理、めはり寿司を初めていただきました。

酢や塩味がきいていてとても美味しいです。

この後も何ヵ所かでめはり寿司が登場して助けられることになります。


IMG_0016784.jpg
IMG_0016785.jpg
山の景色も素晴らしい。

続く・・・

奥熊野いだ天ウルトラマラソンレポ 第一章 ~前日から楽しすぎるやん♪~

奥熊野いだ天ウルトラマラソン 65kmの部に出場しました。

初めに・・・

噂通り、いや、それ以上の素晴らしい大会でした。

私の中で楽しかった大会歴代ナンバーワンと言っても過言ではありません。

それは一緒に参加した仲間たちや大会スタッフや地域の方々のおかげです。

感謝と敬意を持って数日に分けてレポートさせていただきます。





自宅から電車を乗り継いでJR和歌山駅へ。


IMG_0016723.jpg
そこから特急くろしお号でカステランさん、山ちゃん、サトさん、えむさんたちと合流。

カステランさんが奥熊野ウルトラのことや和歌山のことに非常に詳しくて何を聞いても答えが返ってくる物知り博士。

同じ和歌山県内の特急でも三時間かかる長旅も仲間がいるからこそ楽しい。


IMG_0016731.jpg
13:30頃に紀伊勝浦駅へ。

延縄漁法による生まぐろの水揚げ高日本一を誇る街に来たわけですから、ランチは・・・


IMG_0016732.jpg
お食事処 大和で大和丼をいただきました。

数種類の生まぐろや一品までついていました。

身の厚みもあってすごく美味しかった、これはなかなか食べられないと思います。



IMG_0016737.jpg
前夜祭まで時間がありましたので、ホテルへのチェックインを済ませてからくじらの遊覧船に乗って紀の松島めぐりへ。


IMG_0016741.jpg
IMG_0016754.jpg
綺麗な海、迫力のある海岸美

ラクダやライオンに似た岩があったり、捕鯨発祥の街である太地まで行って勝浦港まで帰ってきました。

歴史的背景の解説などもありましたので、予習しているとさらに楽しいかもしれませんね。

風が弱ければイルカの調教をしている様子も見られたのですが、残念ながらこの日は中止。


IMG_0016885.jpg
えっと、明日ウルトラマラソン走ります(笑)

写真を見た関西メンバーのLINEで水都(同日開催)は修行、奥熊野は観光らしい(笑)


IMG_0016893.jpg
新婚のまきさん(ストラトさんは仕事で遅れて合流)も合流して足湯を楽しむ。

風が涼しく、お湯はすべすべして気持ち良い。

そして一同は前夜祭会場へ。


IMG_0016929.jpg
IMG_0016759.jpg
とても和やかな雰囲気のもと楽しい時間は過ぎていきました。

前夜祭が終わったら解散し、21時就寝。

ほな、また明日~


のはずが、暑くて窓を開けて寝てしまったので23時に蚊の音で目覚める。

電気を点けたら15匹くらい蚊がいた。


全部やっつけたと思っていたら2時に再び蚊の音で目覚める(泣)

5匹ほどやっつけて今度こそオヤスミ。

戦いは深夜から始まっていた(´・ω・`)


  続く・・・

待ちに待った奥熊野ウルトラ♪

今週末は奥熊野ウルトラマラソン65kmに出場します。

okukumanokouteizu.jpg
初めてのウルトラマラソン、アップダウンも多くてハードなコース。

それでも緊張感はなくて楽しみばかりです。


充実したエイドも楽しみ。

熊野地方の郷土料理めはり寿司、絞りたてみかんジュース、鹿肉が特に食してみたいです。

ランニングポーチは持たずにハーフパンツのポケットにスマホとアミノ酸のみ所持。


エイドでゆっくりし、写真を撮り、タイムも気にせず走ります。

タイムは気にしないと言っても目安は7時間程でゴール出来たら良いなぁと考えています。

単純にキロ6 エイド休憩30分計算です。

遅すぎると帰りの特急くろしおに間に合わないですし(汗)


シューズはGT-2000 NY5 slimです。

ここ数ヶ月はずっとGT-2000しか履いていません(二足所持)



周回プレイ

ペルソナ5アニメ化の放送を見た。

その後にまくりくままさんオススメの銀河英雄伝説も。


・・・やっぱりおもしろい♪

・・・もう一回やろう。。


ってわけでアニメを見たらまたゲームやりたくなったのでペルソナ5をもう一周やることにしました。

一周目クリアするのに数ヶ月かかったので今回も夏頃まで遊ぶことになると思います。


ゲームをやり始めるとSNSやトレーニングの時間が少しずつ減っていく傾向にあります(笑)

早速SNS放置、トレーニングサボって6時間プレイ。

そしてゲームのお伴にはお菓子

ボリボリボリボリ・・・


p5.jpg

ペルソナ5、やっぱりおもしろい。

サントラも買ってトレーニング中ずっと聴いていた。

この曲、ここで流れていたよなぁとか。

オープニングからジーンと鳥肌モノ。


【奥熊野ウルトラ】案内と参加賞キタ めっちゃ楽しみやん

帰宅すると奥熊野ウルトラの事務局から宅急便の不在連絡票が入っていた。

書類の郵送じゃない・・・?


IMG_0016683.jpg
参加賞(デイバッグを選択)や護摩木や必要な案内など様々な物が入っていました。

4/22 奥熊野ウルトラ、とても楽しみにしています。


Tanise_no_tsuribashi02.jpg
和歌山が好きで、過去に紀伊半島一周ドライブ(十津川→谷瀬の吊り橋→新宮→那智の滝→潮岬→白浜)もしたので思い出深い場所です。


特急くろしおの旅、まぐろのランチ、那智勝浦の観光、前夜祭。

スタート前に那智の滝での護摩焚き、充実したエイド、自然豊かで歴史や文化も楽しめる。

愉快な仲間たち(カステランさん、山ちゃん、サトさん、えむさん、ストラトさん、まきさん)も一緒に旅を楽しみます。

65km走らないといけないことを忘れてすっかり旅行気分です(笑)

いっぱい食べながらのんびり一日走ろうと思います。

思い出に残る一日になればいいな。


私の飲酒歴

お酒を飲むのは年に数回。

そのほとんどは会社での飲み会に参加した時。

日常生活及びマラソン仲間と過ごす時はほとんど水しか飲まない。

「飲み物でカロリーを摂るのはもったいない、その分食べたい」という考えがあるから。


「マッスルゴリはお酒を飲まない人」というイメージを持っている読者の方も多いと思います。

過去はどうだったのだろう?

ふと思い返してみた。


親父が酒癖の悪い人で飲んだら目が座ってきて暴れたり、暴力を振う人だった。

半分同じ血が流れているので自分も同じようになるかもしれない・・・

そう思ってお酒を飲むのが恐かった。


大学生になり、何かとお酒を飲まないといけない機会が出てきた。

野球部の仲間やオカンに事情を話して見張ってもらいながら飲むことにした。

何度か飲んでいくうちに「酒癖全然悪くないで、安心して飲み!」と言ってもらえてホッとした。


そこからは普段の食事では飲まないが、飲み会・外食時・気心知れた仲間と過ごす時にだけ飲むようになった。

みんなからの情報や自分で体験したお酒の飲み方や癖はこうだ。


・ビールは一杯目でお腹いっぱい
・日本酒、チューハイ、カクテルが好き
・チャンポンする
 (乾杯のビール→チューハイ→カクテル(ジン・ウォッカ)→日本酒、ワイン(赤・白))
・日本酒は一升が限界(限界点を知るのは大事)
・八海山が好き
・焼酎、ウィスキー、ブランデー、梅酒は飲めない
・多少饒舌になるが、基本は聞き役
・酔うと眠たくなる
・酔っていても顔色が変わらないので飲まされる
・潰れるほど飲んでも記憶は鮮明



カラダ作りをするようになってめっきり深酒はしなくなった。

ここ数年で一番酔ったのはキミ兄さんと飲んだ夜。

楽しい夜だった。


夫婦で深酒もしたことがない。

そういえば妻はお酒に強いらしいが、私と同じく普段は飲まない。

一度二人でベロベロになるまで飲んでみたいねぇって言い続けて10数年経過した。

二人の共通の休みは月に一回あるかないか。

GWが次のチャンスだから口説いてみよう。


脚トレもする筋トレランナーは孤高 ~地獄練~

今週もやってきました、地獄練(脚トレ+ランニング)

日曜日は仕事で走られなかったので、いつも火曜日にやる地獄練を月曜日に繰り上げた。


本日のワークアウト
スクワット
カーフレイズ
フロントスクワット
レッグカール
レッグエクステンション

それぞれ3~4セット

ランニング 6.6km

メインのスクワットは125kgでセットを組んだ。

今週は痛みもなくスムーズに脚トレが進んでいく。

BCAAをチビチビ飲み、テンション上がるゲームのサントラをバックに脚をガンガン鍛える。

脚が焼けるようだ。。


脚トレが終わり、マスクと花粉メガネを装着する。

花粉メガネをしてから花粉症の症状がかなり落ち着いた。

最近は走る時もマスク+メガネ(サングラス)スタイルになった。


地獄練でのランニングはゆっくりペース。

脚トレでかなり疲労しているから速く走るのは不可能(汗)

走り出しから35km超えた時のような感覚が襲ってくる。

この日は頑張って走ってもキロ6:15だった。

速く走られない分、丁寧に走るように意識した。


IMG_0016680.jpg
調整が最も大変な脚トレもちゃんとやってマラソンと両立させたい。

全身バランス良く鍛え、かつマラソンも走る。

人が通らない道を切り開いて進むからオモシロイ。



年内のマラソン大会どうする?

大阪マラソンと神戸マラソンのエントリーが始まりました。

年内のマラソン大会もそろそろ予定を立てないといけません。

参加が確定しているマラソン大会は当ブログの右側にも書いている通り.


確定
4/22 奥熊野いだ天ウルトラ 65km
6/3  奥武蔵ウルトラ 78km
9/16 丹後ウルトラ 100km


抽選結果待ち
11/18 神戸マラソン フル
11/25 大阪マラソン フル


年内で一番走りたい大会
12/9 奈良マラソン フル

すごく好きな大会。

クリック合戦が待ち受けているのでこれも運次第。


結果次第では違うレースも検討しないといけない。

丹後ウルトラで負うダメージが未知数の為、本当は年内のフルは一本にしたい。


一番可能性が高く、理想は神戸・大阪落選、奈良クリック合戦勝利

なぜか今年は神戸・大阪ともに当選する気がしない。

この場合は11月にどこかのハーフマラソンを走りたい。

候補としては和歌浦ベイ、赤穂シティ、都祁高原。

地域や子どもの学校の行事等もあるので上手く調整する必要がある。


あまり想像したくはないですが、神戸・大阪落選、奈良クリック合戦敗北

この場合の答えはシンプルで11/23 福知山マラソン フル


予定を考えるのは楽しい。


もうすぐだ

スクワットをして痛くなった膝。

翌日はまだ痛みがありましたが、たいしたことはなさそうです。

走りに行って様子を見たかったのですが、降雨の為、3日連続ランオフです。


雨の日は筋トレ。

背中と腕をやりました。

デッドリフトでバーベルを挙げた瞬間、驚くほど力が入り、「いける!」という感覚を覚えた。


MAX165kgに対して162.5kgまで取り戻せてきました。

チンニング(懸垂)をしてもバシバシ刺激が入るし、とても調子が良い日でした。

重量設定間違えた? と思って数回確認したほどです(笑)


こんな日もあるんだ。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」


BIG3合計450kgいけるかな?

本日のワークアウト
デッドリフト(床引きナロー)
ワイドチンニング
逆手チンニング
ダンベルカール
リバースダンベルカール
ハンギングレッグレイズ

すべて3セット
降雨の為、ランニング中止


クソトレかます?

火曜日は地獄練(脚トレ+ランニング)

この日のスクワットは125kgでセットを組む。


昨年の今頃は130~140kgでセットを組んでいた。

サブ3.5は得たが、筋力は失った。

トレーニングを続けていてもこれだけ減ってしまう。

今回の増量でどこまで取り戻せるか、あと二週間しか時間がない。


メインセットの1セット目、しゃがみ込んだ時に若干ふらついた。

体勢立て直して立ち上がるも、もう一度しゃがみ込んだら膝に痛みが走った。


昔の私ならかまわず続けていたと思いますが、大人になったのか、これ以上続けたら怪我をしそうだなと感が働いてスッとトレーニングを止めた。

無理をしてもロクなことがないことをここ数年で学んだようです(笑)



プチ奥熊野ウルトラ対策のんびりラン ~愛情に飢えてAAサービス大盛りに挑戦~

奥熊野ウルトラまで三週間となりました。


・アップダウンのある道をのんびり走ること

・長くカラダを動かすこと

・しっかり食べること


本日はこの三点を目標にしてトレーニング開始♪


花粉症の為、マスクとサングラスをして走りに出かけた。

IMG_0016652.jpg
みんな目をそらしていく・・・

こんな格好で走っていたのにこしわかさんに偶然見つかって
「マスクとサングラスして走ってます?」ってLINEが届いた(笑)

体型で気が付きましたが、怪しすぎて人違いだったらアレなので声かけられなかったらしい。


途中でピットインしておにぎりと飲むヨーグルト(R-1)を補給。

花粉症対策をしたおかげで帰宅後も症状はほとんど出ず。

先日の峠走ではサングラスだけだったので走り終わってからが大変でした。


IMG_0016659.png
三週間後にはこれの倍の距離を走らないといけない。

アップダウンはもっと多いし、こりゃ大変だ。

でも奥熊野ウルトラは旅行気分ですごく楽しみです。


IMG_0016656.jpg
AAサービスに突撃。

この日はタコライスをオーダー。

沖縄発祥のタコスご飯をサルサソース、チェダーチーズ、キャベツ、レタス、ひき肉で炒めている。

これも美味しかったなぁ、これからの季節にもってこいだ。

並盛りでも2~3人前ですが、前回ペロッといっちゃいましたので

200円アップで愛情盛り(大盛り)に挑戦!

スタッフさんに聞いたところ2合ちょっとあるそうだ。


こちらも完食。

愛情盛りは強者でした、お腹いっぱい。

愛に飢えている方は是非♪

☆ごちそうさまでした☆



37回目の日

本日37歳になりました♪

誕生日はいつでも嬉しい。

爺さんになっても素直に誕生日を喜べるように健康に年齢を重ねたい。


私が生まれた時、オカンはどんな気持ちだったのだろう?

安産だったのは良く聞かされていたけど、感想って聞いたことなかったな。

自分の知らない話とか今度色々聞いてみよう。


親父はもう亡くなっちまったからもう聞くことも出来ないか。

5年間しか一緒に暮らしていないし、イマイチ世間の父親像ってのがよく分からない。


「オレはオレ」

そう思いながら一応これでも三児の父親をやっている。

三人のそれぞれ生まれた日のことをよく覚えているし、嬉しかった。

親父も同じように思ったのだろうか?


優しいところはあったが、父親としては最低で反面教師にして生きてきた。

一緒にキャッチボールをしたことがきっかけで野球の道に進んだ。

ボールが捕れなかったり、バットにボールが当たらず「下手っぴ」と言われたのをハッキリ覚えている。

一緒に暮らさなくなってもいつかは見返すと思って頑張ったか。


親父が病気をしたことをきっかけに20年ぶりに再会した時はキャッチボールをした。

7割の力で投げても捕れない親父を見て複雑な気持ちになったものだ。

あれだけ何でも器用でスポーツ万能で変に優しくて学校一のモテ男だったのにな。

一方の息子(私)は不器用で努力の人で非モテ男。

顔だけは似ていても性格や人間性、歩んだ人生は全く違ったな。


そういえばお姉ちゃんの年齢よりも21歳も大きくなっちまったよ。

何年経とうが会いたい気持ちはずっと持っている。





ってこういう記事何度か書いちゃっていますね。

誕生日や命日を迎える度に思い出す。

しんみりした内容になっちゃいましたが、やっぱり誕生日は嬉しい。

妻にはおねだりしてタビオのレーシングランと和紙レーシングランを買ってもらった☆


IMG_0016572.jpg
先日の峠走で一度履いただけですが、和紙レーシングランは奥熊野で履く予定です。


帰宅したら何か楽しいことが待っているのだろうか。

それとも我が家は倹約家だからいつもと変わらない生活が待っているのか。


スピード型とかスタミナ型って何ぞや?

こんなこと考えたこともなかったのですが、ある日この言葉が目に入ってきたので自分はどっちなのだろう?

と思って調べてみました。


10kmやハーフマラソンのタイムとフルマラソンを比較して調べる持久係数を参考にしました。

10km ハーフ フルのPBは2018年1~2月の間にすべて更新したので計測期間も近いです。


jikyukeisuu.jpg
※表拾い物

持久係数を計算してみたところ
10km:4.3(スタミナ型4.8 スピード型4.9)
ハーフ:2.07(スタミナ型2.22 スピード型2.3)

スタミナ型へのズレが大きい・・・

自分では持久力はないと思っていただけに意外でした。

かと言ってスピードがあるとも思っていない(笑)

粘り強さはあると思っていますが、精神的な部分に起因すると思っています。


メ・・・ メンタル型ランナー・・・?


マッスルゴリオススメのプロテイン・アミノ酸等のサプリショップ
スポーツショップ、amazon、楽天等で買うより圧倒的に安いです
マイプロテイン
 割引コード TAISHI-R3
iherb
 割引コード GGR078
参加予定大会
2018.11.18
都祁高原マラソン ハーフ
2018.12.09
奈良マラソン フル
2019.02.24
姫路城マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 47:53
2018年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:40:28
2018年大阪ハーフマラソン

フル 3:27:39
2018年泉州国際マラソン

ウルトラ
65km 7:14:05
2018年奥熊野いだ天ウルトラ

78km 9:28:16
2018年奥武蔵ウルトラ

100km 10:55:36
2018年丹後ウルトラ

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ