FC2ブログ

こんなに美しい紫陽花を初めて見た

おぐらさんが矢田寺(通称あじさい寺)を案内して下さりました。

集合は近鉄東山駅。

八尾あたりから走って行こうと思っていたのに見事に一時間寝坊。

予定を変更して王寺駅から東山駅までの約6kmを走って行った。

それでもキロ5で走らないと間に合わない始末。

遅れてしまってごめんなさい(汗)


おぐらさん
えむさん
ごえちゃん
ジャイコさん
山ちゃん
マッスルゴリ

メンズの方が少ないのは珍しい。

IMG_0017257.jpg
ゆるゆると会話を楽しみながら矢田寺に向かう為に矢田丘陵を越えていく。

途中でスケキヨさんの足が出てきそうな沼? 池? を進むと。。


IMG_0017264.jpg
矢田寺到着。



IMG_0017259.jpg
冒険しているような写真で好きです。


IMG_0017234.jpg
この写真、なぜかみんなニヤニヤしているのですが、
良からぬことを考えているのかもしれない(笑)

色、形、大きさ、それぞれ違う紫陽花がこれでもか!

というほどお寺を囲むように咲いていた。

写真では伝わりにくいので是非実際に足を運んでほしい場所。


IMG_0017224.jpg
モデル写真☆

小雨も降り始め、最も濡れ映えしていた。


走り終わってからの温泉の質が良かった。

ヌルヌルスッベスベ系。

食事も魚料理が充実して何を食べようか悩んでしまうほど。


案内して下さったおぐらさん、一緒に走ってくれた仲間たち、ありがとうございました。

やっぱりみんなで走るのは楽しいですね。

スポンサーサイト



サボりは得意

今週に入ってお菓子ドカ食い、寝落ちでトレサボり。

ヤンチャっぷりを発揮しています。


さすがにマズイと思って、寝落ちしないように会社のデスクに入れてあるカフェインをキメて帰宅。

地獄練(脚トレ+ランニング)の日だ。





脚トレが終わって外を見たら弱い雨。

走られなくはないけれど、サボりたい理由をすぐに自分の頭の中で見つけ出した。

4日連続ランオフ(汗)


IMG_0017215.jpg
パワーの落ち方はホント激しくて、マラソンはマヂで筋肉泥棒。

マラソンやっていなかったらもっとカッコ良いカラダになっているのかな?

と考えることもありますが、所詮はたられば。


この道を選んでいるのも自分だし、人が通らない道に魅力を感じてやっているのだから信じた道を進むしかない。


デートはイイヨ

何かやる気が起きずダラダラと会社に向かった月曜日。

電車を降りて5分で地震発生。

西成と阿倍野の境目をボーッと歩いていたからか、揺れは感じず。

しかし、目の前の商店街の建物やアーケードが「バキバキ!」と音をたてて揺れたので、初めは上から何か降ってきたのかと勘違いをした。

とにかく怪我もなく、出社。

難波の病院で予定していたカンファレンスは中止となった。

電話は繋がりにくく、独居高齢者の安否確認で一日が終わった。






週末の話。

6/17(土)

IMG_0017198.jpg
同じ時間帯、サトさん、えむさん夫妻はポンポン山マラニックの試走行かれていた。

ありがとうございます、デート羨ましいぜ。

そんな私は和泉中央駅を出発して一人で鍋谷峠攻め。


IMG_0017200.jpg
石窯のパン屋さんで塩パン補給。

今日はしっかりと走りきることを課題にした。


IMG_0017204.jpg
歩かず和歌山との県境まで来られた。

ロードバイクの人とたくさんすれ違ったが、上り下りともにランナーは一人も見かけず。

峠道に入ると気温は14~17℃と街中と7~8℃くらい温度差があってとても走りやすかった。

暑い時期になったらまた来よう。


下りは体の軸や体重移動を気を付けながらも気持ち良く降りていく。



IMG_0017205.jpg
走った後は好きなラーメン屋、むがく庵へ。


IMG_0017207.png
時計ノンストップ。

パン屋さんに寄ったり、自動販売機で水分補給したり、トイレ休憩も含んでいます。


銭湯で汗を流して、最近ハマりつつあるマッサージで癒しの時間。

夕飯は餃子か冷しゃぶ食べたいなぁと思っていた。

妻には言ってもいないのに両方出てくるミラクル☆

めっちゃごちそう、完全に胃袋を鷲づかみにされて幸せすぎる一日でした。


6/18(日)

長女とスパワールドに行ってきた。

プール、スライダー、温泉、水着デート楽しいのう。

もう少し大きくなったら新世界連れて行ってあげよう。

遊び疲れて帰りの電車ではウトウト寝る姿が何とも可愛いもんだ。


妻や息子たちには551をおみやげで買って帰った。

夕飯は用事があって私とオカンだけで食べに行った。

長女はすごく楽しかったらしく、「早くとと帰って来ないかなぁ」 「一緒に寝たいからととのベッドで寝とこ」

とか言って帰宅したら私のベッドで寝ていた。


・・・悪くない



男盛りチャーライ&焼豚付き VS マッスルゴリ ~大食い王選手権したらどうなるのかな?~

会社の社食が苦手な食材だったので近所のラーメン屋さんに行ってきた。



IMG_0017195.jpg
えっ、ラーメン屋さんですよ?

阿倍野や天王寺に店をかまえる「ラーメン極」というお店なのですが、チャーライの方が美味しい(笑)

と思っていたらついにチャーライ専門店を出してしまった(笑)


IMG_0017196.jpg
普通盛り→大盛り→男盛りとなっております。

なかなかの山。

がっつり食べたい時に行くお店です。


減量中だろうが関係なくペロりん。

☆ごちそうさまでした☆






ずっとやってみたいなぁと思っていることがありまして・・・

大食い王選手権

フードファイトを生業にしているような方は別として、私たちマラソンブロガーや読者さんは素人。

その中で最強の胃袋を持つ人間は誰だ!?


ちょっと妄想してみた(敬称略)


「今日は走ったから肉だな(走らなくても肉)」
moto

「ライスボウルと比べたらデカ盛りライスなどたやすい!」
はりゆう

「W炭水化物ネコ」
マラバカ

「ラーメン つけ麺 僕だれやね~ん」
だれやねん

「軽量級最強」
ken

「主食はたんぱく質、これは定説です」
シャクティパットゴリ(マッスルゴリ )


このメンバーにkenさんが食い込むのがすごい。

俺を忘れるな~ なんて殴り込み歓迎。

やってみたい・・・(笑)


女子編は… やめておきましょう(汗)


奈良マラソンのエントリー、頂戴した!

無敗で来ていましたが、昨年の奈良マラソンのエントリー合戦で初めて敗北を味わった。

自信は一気に崩れ去り、今年はエントリー出来るのか不安でした。


ゲン担ぎで白星を飾れるように白いTシャツでパソコンの前にスタンバイ。

さぁ、合戦開始だ!



・・・・



・・・



・・



nara2018entry.jpg

2分かからずエントリー頂戴した!

こんなに早く繋がったのは初めて。

大好きな奈良マラソン、走るで~!


そんなわけで早速 走る 筋トレ。

IMG_0017192.jpg
背中と腕をやりました。


これで11月はまだ開催日不明ですが、都祁高原マラソン走ろうかな。

噂では神戸マラソン二次募集あるかも~ なんて声が聞こえてきますが、どうなのでしょうか・・・


大阪・神戸 うわらば

以前、年内のマラソン大会どうする? という記事を書きました。

喜んで良いのか、悪いのか、現在のところ予定通りに事が運んでいます。


つまり・・・

osakakoubeuwaraba.jpg

神戸マラソン、大阪マラソン、共に落選です(笑)

あの記事にも書いている通り当選する気配が全くなかったです。

『あぁ、何となく今年はアカンやろうなぁ』と。。

おまじないもやっていませんでしたし。


ってなわけで年内で一番走りたい大会、奈良マラソン、今夜エントリー出来るかが勝負どころです。

11月に和歌浦ベイか赤穂シティマラソンも考えたのですが、地域の行事と重なるのでエントリー出来ず。


第一希望:奈良マラソンエントリー完了、11/18? 都祁高原マラソン(ハーフ)

第二希望:奈良マラソン落選、福知山マラソン(フル)、大阪淀川市民マラソン(ハーフ)


第二希望になった場合は福知山と都祁高原は日程が近いので都祁を回避して大阪淀川市民マラソンを選択。

他に良いハーフマラソンの大会あれば検討する。

奈良マラソンうわらばは避けたい!

頑張るぞ!


外食我慢して自炊

仕事が休みだったのでキロ7:30で130分ほど走ってきました。

これくらいのペースが好きです。


IMG_0017188.jpg
途中で行きつけのたい焼き屋さんに寄った。

何か食べないと2時間以上走られない男、ペロッとたいらげて再出発。


走りながら『帰宅後ランチどこ食べに行こう』なんて考えていた。

よく考えたら食事が大事なんて記事を書いたばかりだし、小遣いも浮くから自炊することに決めた。


IMG_0017189.jpg
白米
ブロッコリーの茎
キャベツ
にんじん
むね肉(皮は剥ぐ)

全部冷蔵庫内の余り物(笑)

シェイカーに入っているのはただの水です。

白米以外はぶった切って茹でてポン酢を少量かけただけで誰でも作れる。

トマト切るの忘れた。。

減量用のメニューで見た目通り美味しくはない。


お風呂入って洗濯回している間に食べられるし、食べ終わったら洗濯も干せる。

ランチに行かず自炊すると時間も有効活用出来るのよね。

浮いた時間は引きこもってゲームやっているんですけどね(笑)



サトさんの24時間ジムデビューについて思うこと

サトさんのブログで紹介されていた24時間ジムの話

奥熊野ウルトラに行く日に電車の中でサトさんから事前に相談されていました。

電車内でお伝えした内容と重複する部分もありますが、文字媒体で残しておいた方がスッと入るかなぁと思いましたので記事にしてみました。


Q:motoさんも筋トレやってサブスリーやし、ごりちゃんも最近伸びてるし、筋トレした方が良いのかな?

A:正直私もよくわかりません。
サトさんの目標はサブスリーですが、私もサブスリーで走られないですし。
一方で筋トレせずともサブスリー達成している人は数多くいます。
よって、必須項目ではないと思います。


中にはある程度筋トレもした方が良いという理論の指導者がいることも事実。

やるとしても私やmotoさんの筋トレはマラソンに支障しか出ないと思います(笑)
motoさんならなんて答えるかな?


サトさんの記事や周囲の反応を見ていると「運動不足」というフレーズが独り歩きしてしまっている感がありますが、大事なのはそこではありません。

あのグラフは体脂肪率が標準あたりで筋肉量が少ないと運動不足と出るだけです。

運動不足=運動時間が短い(足りない) ではない。 

速筋よりも遅筋が発達しやすいマラソンランナーであろうが、筋肉に変わりはないので測定結果が正しいと仮定すれば本当に筋肉不足です(ほぼ標準でしたけど)

サトさんの場合は筋肉量よりも筋肉の神経の方が発達しているから速いのかもしれません。


筋トレは必要ないと言ってしまったら話は終了してしまうので、
「ある程度必要」と仮定して話を進めていきたいと思います。


初めに、私が知る限りのサトさんの生活環境を考慮すると24時間ジムを利用する価値は十分にあると思います。

カラダを変えるには継続することが大切なので、自宅から近くていつでも利用できるというのは大変魅力的です。


筋トレに関してはジムインストラクターでも知識不足の事もありますが、あのジムのスタッフなら大丈夫です。

カラダつきを見たら分かるように勉強をした上で自分のカラダで実践しています。

電車内で腕振りのことをお話しましたが、本来肘を引くだけでは広背筋の動きは不十分なのです。

肘を引くだけ以上に広背筋をどうやれば動かしたり負荷を乗せられるのか、これは筋トレをやらないと習得出来ません。


サブスリーの達成方法はランナーに、筋トレや食事は自分の目的を伝えた上でトレーニーに聞くほうが良いと思います。

誤解を恐れず書くとランナーの筋トレや栄養学の知識量とトレーニーの知識量の差は大きいです。


胸筋バーンは冗談としても(官九郎タソもおっしゃっていましたが、マラソンに必要ない 笑)

基本的には全身バランス良く鍛えましょう。

脚だけ、腹筋だけなどの ~だけ筋トレはオススメしません。

運動は全身一連の動作です。

体幹や脚の筋肉を鍛えようと思うと自宅で出来る自重トレだけでは負荷が弱すぎます。

ウェイトを使って持久力を鍛える低重量高回数のトレーニングの方がより効果的です。

100回以上出来るスクワットを何セットも延々するよりさっさとウェイトを持って12~20回スクワットを3セットした方が時短でよっぽど効果がある。


スクワットは脚トレの中でも絶対に外せない鉄板メニュー。

腹圧をかけてしっかりと太ももが床と平行になるまで下げる。

ウェイトを持ってやればバランスを保とうするので、脚だけじゃなくて体幹や細かい筋肉まで鍛えられる。


腹筋ひとつとっても自宅ならクランチ、レッグレイズ、プランクあたりがベタなのでしょうが、
ジムに行けば自重でももっと効果の高いハンギングレッグレイズ(ニーレイズ)、ハンギングワイパーなども出来る。

やるメニューを言ったらキリがないので一旦止めておきますが、やるメニューが増えたり、他のジム会員を見てやり方を学んだり、スタッフに聞けたり、集中力やモチベーションを高めやすいのもジムの魅力。


あと、食事も見直した方が良いです。

どれだけハードに効率的なトレーニングをしても食事がムチャクチャだとダメです。

トレーニングと同じくらい食事に重きを置いて欲しいくらい。


何時に何をどれだけの量食べるのか、えむさんを無理に巻き込まない範囲で見直しましょう(汗)

0か100かでは精神的にも辛くなってきますので、少しずつ変えていくのが良いと思います。

サブスリーに必要なトレーニングをこなしているなら、案外食事を見直すだけで伸びる可能性はあります。


何事にも言えることですが、サブスリーという目標(ゴール)への道はひとつではないと思うのです。

Aという道があればBという道もある。

めっちゃ険しいCという道もあるかもしれない。

サトさんが信じる道を進めば良いのではないでしょうか。


色んな意見があるかもしれませんが、やる前(やらない人間)から「止めとけ」「やるだけ無駄」「出来ない」と言われて挑戦するのを諦めるのだけはしないでほしい。

人の可能性を他人が決めるのは違うと思うから。

進むも踏みとどまるも自分で考えて答えを出して自分で責任を持つ。

私も筋トレ+マラソンの両立なんて出来ないとか無謀とか何人からも言われましたけど、実際やれていますし。


難しい話になってしまいましたが、まとめると・・・

・(やるなら)筋肉は簡単には付かないから継続すること

・食事を見直すこと

以上二点(笑)


サブスリーか・・・

ごえちゃん、「オモロイこと」やってみたくなってきたわ。



奥武蔵ウルトラマラソンレポ 最終章 ~自分のマネジメントは出来たのか?~

奥武蔵ウルトラマラソン、無事ゴールを果たした。

一ヶ月前に腸脛靭帯炎になり、一時期はスタートラインに立てないかもと考えたこともあった。

コンディション調整をして何とか走られるようになった。


一ヶ月でカラダは3kg絞った。

これも膝への負担を減らせた原因になったと思う。


タイムはどうでも良い主義ですが、この日は当日に帰らないといけないので10時間切りを目標にして無事達成。

新幹線に飛び乗るだけならもう少しゆっくりゴールでも良かったのですが、
どうしてもお風呂に入りたかった


毛呂山総合公園内にあるシャワーは数が少なく、列ができるのは事前情報を得ていた。

実際に私のゴールタイムでは列ができていた。

応急処置で更衣室で顔や頭を簡単に水道で洗い、カラダはデオドラントシートで拭く。

原パンさんやメテオデさんにお別れの挨拶。


シャトルバスに乗り武州長瀬駅から電車で池袋へ。

池袋にある男性専用サウナでのんびりお風呂に入って夕飯食べてから新幹線に乗る計画だ。

ところが・・・

サウナ改装工事中やった、マヂか・・・

事前にHPも確認したのになぁ。


こんなこともあろうかと、もうひとつピックアップしていたところがあった。


IMG_0017166.jpg
大都会トキョー(池袋)の中にある昭和な銭湯。

こういう雰囲気、好きだぜ。

シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔、化粧水はちゃんと持参していた。

これだけ走った後に階段は地獄かもしれないと思っていたけど、意外と膝は大丈夫だった。

・・・・・
・・・・
・・・
あぁ、幸せ・・・


夕飯はピックアップしていたお肉のお店があったのですが、うどんを食べたくなり、急遽お店変更。

品川まで移動し、新幹線で帰路につく。


グッバイ トキョー&サイタマ~


二日間、関わって下さった方々、ありがとうございました。

めちゃくちゃしんどかったけど、楽しかったな。


奥武蔵ウルトラマラソンレポ 第四章 丸山(50km)~ゴール(78km) ~復活~

okumusashi-course5.png
なつ姫さんエイドをたっぷりと堪能してギザギザ峠を下って行く。

なつ姫さんにお水をかけてもらったり、休憩を長くとったら復活してきました。


すれ違い区間に入り、だれやねんさん、ルミさん、sky papaさんともエール交換。

玲衣さんは気付かなかった、ごめんなさい。


だれやねんさんからは「10時間切れるよー!」と気合いの入るエール。

今まで色んな大会で一緒に走ったり応援したりしたけど、こういうところ好きなんだよな。



奥熊野でも感じましたが、この一年で下りがかなり強化された。

昨年までは下りでごぼう抜かれをしてきたのが、ほとんど抜く展開になっていった。

後半に強いのもあるのかもしれないけど。



IMG_0017155.jpg
ゆるキャラと戯れたり





IMG_0017179.jpg
これは違った(笑)






IMG_0017156.jpg
木漏れ日の美しさを感じる余裕が出てきた。

上りは相変わらず歩き倒す(笑)


IMG_0017157.jpg
ファミコンのゼビウスに出てきそう。


エイドが充実していたので、炭水化物はすべてエイドから。

重要なのはたんぱく質なので、アミノ酸(アミノXに少しBCAAを混ぜるオリジナルブレンド)とカフェインのみ持って走りました。


スタート前(アミノ酸+カフェイン)
20km(アミノ酸)
40km(アミノ酸+カフェイン)
60km(アミノ酸)


すべて予定通り摂取した。

毎度のことながら補給食は自作なので市販品より高性能ながらコストは100円以下。

私の走りや財布事情を支えているのは走力ではなく、精神力と筋トレで培った栄養学だ(笑)


延々続く下り坂、膝に負担がかかり過ぎないように気を配ったり、時にはボーッとしながら走る。


スタート直後は人がたくさんいましたが、この辺りまで来ると視界から人がいなくなることも。

エイドでボランティアやスタッフさんからの温かい言葉や応援を受ける。

ゴールはもうすぐだ。


奥熊野でも最後は山を下ってきて2km程街中を走ってゴールだった。

奥武蔵も同じような感じでこの二日間の出来事を思い出しながら走っていた。


戻ってきたぞ!毛呂山総合公園!

100mほどのビクトリーロードが快感!



IMG_0017165.jpg


umaiii.jpg
走った後のプロテインはう・ま・いーーー!


続く・・・



奥武蔵ウルトラマラソンレポ 第三章 見晴台(38km)~丸山(50km) ~奥武蔵の姫~

okumusashi-course4.png
鎌北湖(20km)から30kmもずっと上りと下りを繰り返す。

想像以上の過酷なコース、上りが終わる50kmまでとても遠い。

辛い時間帯だった。


IMG_0017135.jpg
膝以外に腰や足の裏など、経験した事のない箇所が痛くなってきた。

どうやってこの状況を切り抜けるか思案した。


IMG_0017154.jpg
しばらく景色を見てボーッとする。

ツイッターやLINEの応援メッセージに目を通して自分を鼓舞した。

エイドでも食べまくった。

椅子に座ってシューズの紐を締め直したら急に走りやすくなった。

気分転換にも良かったかな。


原パンさん、くじらさんが折り返してきた。

速い!

歩き倒しても必ず折り返しまで辿り着く。

ボロボロになりそうでも心は錦、強く一歩ずつ進んだ。


IMG_0017149.jpg
念願の折り返しの丸山エイドでついになつ姫さんに会えました。

撮影会状態になっているのですが、みんなの目を見て笑顔で接しておられるのがとても好印象でした。


IMG_0017152.jpg
メテオデさんも一緒に撮影。

いつも自分の顔はモザイク処理するのですが、自分だけ処理するのも何だかなぁと思ったのでそのまま載せました。


IMG_0017151.jpg
カキ氷で冷んやり♪
※カキ氷の味は実はすべて同じで、シロップの着色料と香料で違う味に感じてしまいます。
よって、目を閉じて鼻をつまんで食べたら何味が分からなくなります。
見える、感じるものがすべて正しいとは限らない、不思議なものですね。




なつ姫さんエイドで10分滞在(笑)

かなりキツかったので達成感がすごいです。

これにて奥武蔵ウルトラマラソン、ゴールの為、レポ終了!


・・・嘘です(仮想丹後ウルトラの話は何処へいった?)

続く・・・

奥武蔵ウルトラマラソン 第二章 鎌北湖(23km)~見晴台(38km) ~奇跡の合流~

okumusashi-course3.png
メテオデさんの助言通りに走って前半戦をゾンビにならずに通過。

ここまで走って平坦だったところがほとんどなかった気がする。

上るか下るか。

しかもここからギザギザ峠道。

上りばかりではなくて、途中でもなかなかの下りが待っている、そしてまた上る。

今日は平坦な道を走るのを諦めた(泣)


途中で激沈Tを着た男性2人組に声をかけた。

アメブロガーで初めましてのニシドナルド伯爵さんだった。

明るく話して下さったので話しかけて良かったです☆


IMG_0017106.jpg
IMG_0017108.jpg
IMG_0017110.jpg
IMG_0017111.jpg
楽しみにしていた焼き鳥エイド。

いなり、塩きゅうりなどもいただきました。

飲み物も3杯ほどおかわり。


この日は最高気温29℃

日差しが強くて暑かったですが、日陰が多いコースだったので助かりました。

何か楽しみを見出さないとハードなコースに身も心もやられそうだ。


IMG_0017114.jpg
黒山エイドでは冷麦でめんつゆも飲み干して生き返る。


IMG_0017119.jpg
けど撃たれる。


IMG_0017123.jpg
景色の綺麗さとバイクのカッコ良さが似合う。


IMG_0017125.jpg
一人目の水着お姉さん。


上りは歩きと走りを混ぜながら少しずつ確実に進んでいく。

すると、スタート前に会えなかったくじらさんを発見して声をかける。

メテオデさんはスタート後からずっと近くを走っていた。

3人で話ながら進んでいると、エア柴又を走っていたK12R2さんも合流。


IMG_0017130.jpg
こんなにタイミング合うなんて奇跡!


続く・・・


奥武蔵ウルトラマラソンレポ 第一章 前日~鎌北湖(23km) ~出没注意~

奥武蔵ウルトラの翌日、膝痛や筋肉痛が軽度あり。

階段は下りられる。

レース後のストレッチやアイシングをしたことが功を奏したか。

お尻はガチガチの筋肉痛なのでマッサージに行ってきました。

いつものように速報記事は書かない主義なので時系列でレポを書いていきます。






自宅~新大阪~品川~飯能 で17時頃到着。

18時に飯能駅の中華料理屋でメテオデさん、原パンさん、玲衣さんと夕飯☆

濃いレースの話題でワイワイ♪


20時頃解散して宿泊先の飯能第一ホテルへ戻る。


IMG_0017081.jpg
飯能市を舞台にした登山アニメ、ヤマノススメのキャラがお出迎え。

この絵のタッチ好きだなぁ。


居室はwifi対応で格安スマホユーザーとしては助かります。

新幹線で寝まくっていましたが、ホテルでもアッという間に寝落ち。。

3時起床でお風呂に入って準備をする。

4時半にランナー用に朝食(魚、納豆などの和食)が用意されていた。


5:19発 東飯能駅から毛呂駅まで電車。

毛呂駅からシャトルバスで5:50 毛呂山総合公園到着。


昨日ぶり(笑) のメテオデさん、原パンさん、玲衣さん

初めましてのルミさん(衣装かわゆすでした)、sky papaさんにご挨拶。

くじらさんとはタッチの差で出会えずでしたが、この後お見かけすることになります。


IMG_0017084-2.jpg
しゃべるのに夢中で準備運動ほとんどせずに7時スタート(汗)



okumusashi-course2.png
奥武蔵ウルトラのコースは大きく3つに分類される。
①20kmまでのふたつの山(峠?)
②50kmまでのギザギザ峠道
③折り返してギザギザ下る

今回、私の中では仮想丹後ウルトラでこの日に臨んでいる。



tango-course2.jpg
これは丹後ウルトラの高低図。

仮想には十二分のコースだ。



IMG_0017087.jpg
いきなり上りますが、スタート直後なので元気。

5kmほどまでは前が詰まっているので流れに任せて走る。


IMG_0017090.jpg
果物はほとんどのエイドで見かけました。

飲み物は水、アクエリアス、お茶、コーラ、ファンタ、紅茶、コーヒー、イチゴオレ、メロンソーダ、牛乳など、とても充実しています。


IMG_0017091.jpg
トランスフォーマーの仮装ランナー発見、カッコ良かった。

20kmまでの山ふたつを頑張りすぎると後で地獄を見るとメテオデさんからアドバイスがありました。

そんな訳で早速躊躇なく歩きます(笑)


続く・・・


奥武蔵ウルトラ、行ってくるわ!

いよいよ明日は奥武蔵ウルトラマラソンだ。

奥熊野→奥武蔵→丹後 とステップアップするつもりでエントリーしました。

根回ししまくって何とか無事仕事も終わらせることが出来た(笑)


今日はお昼頃の新幹線に乗って東京、埼玉入りします。

奥熊野みたいに楽しい大会になったらいいな。

エイドでしっかり食べて最後まで走って丹後に繋げたい。

途中歩くけど。。


目標は「怪我なく完走して当日にちゃんと帰宅すること」

移動日、レース当日、レース後、すべての予定は計画済みだ。

当日中に帰ることを考慮すると10時間以内でゴールしたい。

自分のマネジメントは出来るのか?

ちょっとワクワクする。。。


マッスルゴリオススメのプロテイン・アミノ酸等のサプリショップ
スポーツショップ、amazon、楽天等で買うより圧倒的に安いです
マイプロテイン
 割引コード TAISHI-R3
iherb
 割引コード GGR078
参加予定大会
2018.11.18
都祁高原マラソン ハーフ
2018.12.09
奈良マラソン フル
2019.02.24
姫路城マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 47:53
2018年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:40:28
2018年大阪ハーフマラソン

フル 3:27:39
2018年泉州国際マラソン

ウルトラ
65km 7:14:05
2018年奥熊野いだ天ウルトラ

78km 9:28:16
2018年奥武蔵ウルトラ

100km 10:55:36
2018年丹後ウルトラ

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ