FC2ブログ

【今年もやります♪】第五回 かおりんとゴリのデートマラニック 開催要項

ちょっと奥さん、今年もデートマラニックの季節になりましたよ~

5年連続5回目のマラニック。

毎年コースが変わるお楽しみ要素満載(男女の仲にマンネリはアウチ♪)


今年は・・・

堺のうまいもん巡りの旅

イェーイ、パフパフ~


二年前はスイーツの旅をしたのですが、今年は甘い物からおいしいアレまでココロとお腹をいっぱいにしようと思います。

早速、開催要項です。


10月28日(日) 10:00集合

南海高野線またはJR阪和線 三国ヶ丘駅

コインロッカーあり


デートコース

三国ヶ丘駅(荷物預ける)
 ↓
4km ミルクレット:深井にある泉南乳業の工場が隣にあるソフトクリーム屋
 ↓
土塔:行基が建てた仏塔
 ↓
9km 泉北堂:パン屋 極み食パンがおいしいけど、マラニックだと食べにくい? 他のパンもあるよ
 ↓
多治速比売(たじはやひめ)神社:主祭神は女神で安産、縁結び、厄除け
 ↓
大鳥大社:勝運、開運、厄除、交通安全
 ↓
浜寺公園
 ↓
22km 深清鮓(ふかせずし):あなご寿司の持ち帰り専門店
 ↓
ちんちん電車沿い
 ↓
24km 本家小嶋:芥子餅、ニッキ餅が看板商品
 ↓
けやき通り
 ↓
27km 三国ヶ丘駅(荷物受け取る)
 ↓
亀の湯
 ↓
アフター:メンバーに合わせて焼肉、中華、居酒屋、ラーメン、つけ麺、僕キモメーンなどテキトーに食べに行きましょう♪



はじめましての方も気軽に楽しくマラニックしませんか?

ペースはゆるゆるです。

泉北方面だけアップダウンあり、他はフラット。

6時間くらいかけてゆっくり回ろうと思っています。

途中合流、離脱、アフターだけなどご自由に。


申込み方法:私が連絡先を知っている方はこの記事にコメントいただければLINEグループに招待します。

はじめましての方は非公開コメントで連絡先を教えて下さればご連絡させていただきます。

スポンサーサイト

【丹後ウルトラ】自分の結果を振り返る

丹後ウルトラ、初めての100kmのわりに予想以上の結果に正直自分でも驚いています。

自分なりになぜ良い結果が出たのか考えてみました。


①ウルトラの脚が作れた(3月から計算)

練習では
30km走(ペース気にせずゆっくり)は7回

45~50km走(ペース気にせずゆっくり)は2回


月間走行距離(目安程度にしか考えていません)
3月 181km
4月 210km
5月 135km
6月 176km
7月 119km
8月 320km

走行距離が短い月は軽い怪我あり。

8月に走り込めたのは大きかった。



レースでは
4月に奥熊野ウルトラ65km

6月に奥武蔵ウルトラ78km

このふたつを走ったのはウルトラの楽しみ方や走り方を学ぶ上で貴重な経験となった。


ともにアップダウンの激しいコースだったこと、練習でもアップダウンのあるところを選んで練習を積んだ。

その結果、苦手だった下りを克服し、丹後の難コースにも対応出来た。


岩本さんの赤本も買ったけど、ほとんどその通りには練習出来ず、参考程度にした。

どの練習本にも言えることでしょうけど、筋トレもやっているので本通りには体力・時間などを考慮すると不可能。

自分なりにアレンジして練習メニューを組み立てる必要があったが、筋トレランナーをやっている以上これは避けられない。


その結果、フルマラソン×3 の公式はクリアした(丹後はここから1.10かける)

私の結果は2.86だった。

赤本の目標である2.7はかなり難易度が高いと思う。



②仲間に恵まれた

応援、ごえ家、はてな食堂などに助けられた。

ぼっち参戦ではここまで頑張れなかった。

頑張る仲間がいるから、応援に報いたいから頑張れた。

人は大切にしたいと改めて感じた。



③あらゆる状況の変化に対応出来た

ウルトラだと気象・体調以外にも色々トラブルも起きるし、思うようにいかないこともあるだろう。

練習の時から色々なことを想定してやってきた。

先輩ランナーや人の意見は素直に受け入れ、都度修正をしてきた。

レースでもそれらの変化に柔軟に対応したと思う。


ただ、試走や下見はしなかった。

もちろんした方が対策もとれるし、良いとは思いますが、「初めて走る楽しみ」の方が私にとっては大切。



④精神力・集中力を活かせた

この部分は自分の武器だと認識していたが、こちらも発揮出来たと思う。

昨年の台風による中止で一年待ったけど、腐らず前を向いた。

悔しかったり傷ついた気持ちを力に変えた。


昨年中止になる前にこんなことを書いていた。

「喜びと感動の中でゴールする自分の姿がはっきりと目に浮かぶのです」と。

やまけんさん、し~やんさんも一緒だったとは驚きましたが(笑)


THさん、○よさんたちも書かれていますが、精神面はウルトラにおいて重要だと思います。

完走できるか不安ってことは1ミリもなかった。

完走かリタイア、どちらかしかないんだ。

タラレバや後になって「あの時はこうだったから・・・」とか嫌いだし、覚悟は決めていた。


私に限った話だと精神力や集中力は育った環境が大きいのかなと思っています。

野球でそれなりに大舞台も経験してきた。

勝負の世界で集中のしどころ、抜きどころ、強弱をつける場面、勝ち方、負け方をある程度自然と読み取れるようになった。



子どもの頃から才能がなかろうが、踏みつぶされて悔しい思いや理不尽なことがあろうが何度も立ち上がって努力をコツコツと積み重ねて最後には結果で黙らせてきた。

この瞬間がたまらなく気持ち良い。


出来ないと言われた筋トレとマラソンの両立も筋トレランナーのグランドスラム達成という形を残せた。

上半身だけではなく、脚トレもしながら持久力勝負のウルトラでもサブ11は可能であることを証明した。


何でもやってみないと分からない。

挑戦する前から出来ないと決めつけるのではなく、どうすれば出来るのかを考える方がワクワクする。

特別な才能なんて必要ない、だって私にも出来たのだから。

違いは挑戦したか、しなかったか、これだけ。


うさぎと亀の話に例えるなら私は間違いなく亀タイプだ。

欠点は時間がかかることだ、だがそれでいい。



上手くいくことがあればそうでないこともある。

だからスポーツは楽しい。




姫路城マラソン抽選結果

一昨日は東京マラソンの抽選結果で盛り上がっていましたね。

私は2016年に走らせていただいたので応募しませんでした。


そして昨日は姫路城マラソンの抽選結果の発表。


20180926.jpg

おお、無事当選☆

この当選の赤いフォントがまた嬉しいです。


今シーズンの勝負レースはここ、姫路城になりそうです。

そうなると問題なのがホテル。

私の住む堺からは日帰りでは行けません。


以前にホテルをネットで調べていたら姫路のホテルは全然空いていませんでした。

直接電話すればいけたかもしれませんが。


そんなうちに丹後ウルトラやらなんやらで結局ホテルを確保しないまま抽選結果へ・・・

当選したので急いでホテルを確保。

公式HPからホテルの予約をしました。

昨年より若干値段が上がっていましたが・・・(泣)


ってなわけで初めての姫路城マラソン、ご一緒する方々、よろしくお願いします。




【丹後ウルトラ】補給食・食事の反省点

私が重視している食事(栄養)

筋トレランナーのグランドスラム達成に大いに活躍してくれた項目のひとつ。


題名に対しての答えは90点といったところ。

10点は何が足らなかったのか?

それは足を攣ったこと。

水分はかなり摂っていたのでミネラル不足が大きな原因だと考えられる。


40kmほどで両足の大腿四頭筋に痙攣が始まった。

こんなことは初めてだった。

2つ持っていた芍薬甘草湯の1つはここで飲んだ。

もう1つは80kmで飲んだが、87kmで攣った。


塩飴は持参していたが、こちらもホテルに忘れてボトルポーチに1個しか入れていなかった。

エイドでは毎回水とポカリを一杯ずつ飲んでいた。


そして私の致命的な弱点のひとつ、食べられない食材が多い


多くのエイドで置いてあった梅干し、漬物(?) は食べられない。

名物のばら寿司はかまぼこ、しいたけ、たけのこが食べられないからスルー。

魚のつみれ汁も食べられないのでスルーした。



mottainaiobake.jpg
もったいないオバケが出るかもしれない。



エイドではバナナをひたすら食べ続けた。


他に食べた物は

3~4回 あんパン
1~2回 梨と巨峰
特製パンのチーズパン
うどん
そうめん
おしるこ

これだけしかない。


だから仲間のエイドでいただけた

むね肉の梅和え(梅食べられないのに美味しかった)
酢きゅうり
レモン
巻き寿司(しいたけはだれやねんさんに食べてもらった。実はかんぴょうも食べられないけどいただきました 笑)

これらはかなり助かりました。


アミノ酸以外の補給はすべて固形物から。

ジェル系は使用せず。


他の人と比べると私はあまり汗をかかない体質。

汗でぐっしょりになることはほぼない。

それでもミネラル不足で攣ってしまった。

カラダが大きいのもあるかもしれませんが。。


今大会一番の反省点ですね。



【丹後ウルトラ】装備品一覧

まずはウェアから


キャップ アンダーアーマー
日よけ モンベル(帽子に紐でひっかけるタイプ)
ウェア アンダーアーマー ヒートギア コンプレッションシャツ
下着 アンダーアーマー
ハーフパンツ アンダーアーマー
ボトルポーチ yurenikui pro
ソックス タビオ 和紙レーシングラン5本指
シューズ アシックス GT-2000 NY5 slim


yurenikui proの中身

・500mlボトル
・iPhone
・アミノ酸 5袋(詳しくは後日補給食編で)
・バンドエイド
・芍薬甘草湯 2つ
・塩飴 1個


ドロップバッグの中身

・カロリーメイトゼリー 1個(会社でもらい物)

・参加賞の粉飴ジェル 2個

碇高原管理事務所(71.8km)に預けていましたが、受けとらず。



昨日の記事の通り、サングラスはホテルに忘れました。

和紙レーシングランはなかなかのお気に入り。

他の和紙ソックスも気になってイトイテックスもポチりました(まだ履いていません)


シューズは練習内容に関係なくGT-2000 NY5しか履いていません。

理由は安くて自分の足に合っている気がして怪我しにくそう、ただそれだけです。

他に浮気する勇気もありません。

個性的なシューズを履いてみたいのですが、怪我したら嫌なので。。

レース10日前に新しいシューズを出して数回履いてレースにのぞみました。


装備品については塩飴をもう少し持って行った方が良かったと反省。

足を攣ってしまいましたが、芍薬甘草湯を飲んではいたものの、水分やミネラルの補給に問題ありだったと思われる。

これらも補給食編にて。



【丹後ウルトラ】忘れ物はないか?

マラソン大会に行く前はいつも忘れ物がないかチェックリストを作っています。

丹後ウルトラも同様でした。


色んな物を持って行ったのでクルマが同じだったやまけんさん、なおさんと比べると荷物が多かった。

幸い、ホテルには無事忘れ物をすることなくに到着。


レース当日・・・


トイレ待ちをしている時に他のランナーを見てハッとした。

サングラスをホテルに忘れてきた。。

ナンテコッタパンナコッタ


戻るわけにもいかないし、当日の予報は曇りだったから諦めた(結果的に晴れるが。。)

日差しが強かった時はキャップを深くかぶるなどで対応した。


レース後・・・


やまけんさん、なおさん、し~やんさんと温泉に行った。

さっぱり汗を流してさぁ着替えようと思ったら・・・



ズボンがない



この瞬間、あらゆる可能性を頭の中で巡り巡らせた。

よりによって何でズボンなんだ。。

パンツを忘れただけなら最悪ノーパンもありだ。

レースで着ていたウェアをもう一度着るなんて生き地獄だ。


『何か・・・何か代わりになる物はないか!?』

荷物の中を探しながら考える。。


100均のカッパ(薄い透明)が出てきた。


想像して欲しい。

上は服を着ているが、下はパンツ一丁で晴れているのに透明でスケスケのカッパを着た30代後半男性の姿を・・・



kappa.jpg
こんな笑顔でポージング決められんぞ。。(画像拾い物)



・・・だったら今まで来ていたウェアを着るか?

イヤダ、それだけはイヤだ。

折角温泉入ったのに。


迷った挙句、カッパを腰に何重にも巻きつけて歩くことにした。

し~やんさん「怪盗さんよりヒドイな(笑)」→分かる人には分かるネタ


なおさん、どんな反応するかな。。




・・・ゲラゲラ笑っていた。

「かっこいいパンツ履いてるから大丈夫ですよ。カッパなしでも良いくらいです(笑)」



ホンマかいな?

透けもっこりしているけど安心したぜ(エエのか?)

美人さんやのに大胆なんだから



その格好のままゴール会場へ向かって応援をした。

制限時間が近付いていた。

ランナーの姿に心打たれる。


18:30頃なので周囲は暗くなっていた。

そう、私の格好は目立たなくなっていたのだ。

より安心感が生まれて堂々と歩けるようになった。


○よさんの感動のゴールシーンも
えーかわさんとのハグも
みんなとの集合写真時も

カッパ透けもっこりパンツ姿だった・・・





丹後ウルトラから一週間の脚の状態

振り返りなどもしていきたいのですが、今回は脚の状態を記録しておこうと思います。


レース終了後

股ズレ:ワセリン塗ったけど結構痛くてボディペーパーでカラダ拭いたら「ヒィ」って飛び跳ねた。

それでもウェアが汗を吸っているから傷口に沁みてずっと痛ひ(泣)

塗っていなかったら思うとゾッとする。


股ズレにはムヒのクリームタイプが劇的に効く。

入浴後に塗ったら翌日には痛みがとれて二日で治った。


左足の拇指球にマメ:帰宅してからの処置になってしまったので治りが良くなかった。

歩くのは支障ないが、時々まだ痛む。


ホテルに戻ってからストレッチポールや両膝にアイシング。


一日後

マメや脚全体が痛くて油の切れたロボット状態。

ホテルと帰宅後にストレッチポール。


二日後

仕事再開。

自宅から駅、駅から会社までの徒歩時間がいつもよりかかる。

脚が上がらず躓く場面も(笑)

階段は手すり必要。


三日後

階段は手すりなしだが、ゆっくりじゃないと下りられない。

歩行もぎこちない。

軽くストレッチ。


四日、五日後

日常生活は支障がないレベルに回復。

歩行速度はいつも通り。

信号が変わるなどで20~30m走ると脚の疲労感著明。

夜に整骨院で電気と軽くマッサージ。


六日後

やっと仕事休み。

朝から近所の普通のマッサージ店でオバちゃんの手技が気持ち良すぎ。

家事以外は何もせず一日中お菓子食べながらゲーム三昧。


ジョグ再開はまだかな。

持っている力以上の走りをしてしまった分、ダメージもデカそう。

焦る必要もなく、もうしばらく堕落した生活を続けよう。



丹後ウルトラマラソンレポ 第五章 ~丹後庁舎(84.9km)からゴール~

tangokouteizu5.jpg


高低図、嘘ちゃうか?

と思うほどアップダウンが続く。

後でGPSウォッチを見たらなかなかのギザギザ具合。


IMG_0017576.jpg
丹後の景色は美しい。

しかし、左足のふくらはぎを攣り、右の大腿四頭筋とふくらはぎは痙攣。

左の大腿四頭筋の痙攣ははてな食堂で治った(感謝)


歩きも入り、キロ8やキロ9を叩き出すことが多くなった。

碇高原降りてからの残り20km走り続けるつもりでしたが、トンデモなかった。

大変なのはそこからだった。


エイドでは手前20m程から歩くようになる。

1◯時間切り、アカンかもしれない・・・

弱気になりかけていた時、あの男が追い上げてきた。






やまけんさんだ




「ゴリさん、イケますよ!1◯時間切り目指しましょう!」

すごい、やまけんさんは諦めず前を向いていた。


「もう脚めっちゃ痛いっす!」

って言いながら私も走り出した。

諦めの悪い男二人が最後の力を振り絞ってゴールを目指した。


信号待ちがモドカシイ。

青になってすぐにスタート。

ゴールまでもう弱音は吐かない。



思い出せ、何の為にこの一年間練習してきた?




何日も準備してエイドを出してくれた仲間がいる

遠方から陽も上がらないうちに応援してくれた仲間がいる

病と戦い、回復を願う仲間がいる

完走を目指して何度も一緒に練習した仲間がいる

筋トレランナーのグランドスラムを願う家族がいる





98km やっとし~やんさんに追いつき、一緒にゴールを目指す。

・・・ありがとう、あなたから買ったは素晴らしかった。



残り500m

最後の力を引き出してくれたやまけんさんも追いついてきた。

99kmを10時間以上かけて走ったのに打ち合わせもなしにここで三人一緒になるとは・・・

鳥肌が立った。







IMG_0017577-2.jpg

「おかえりなさーい!」

ビクトリーロードを三人でかける。

大人になってこんな経験が出来るとは思わなかった。

オレにはこんなに最高の仲間がいる!






























IMG_0017585.jpg

















































IMG_0017584.jpg














































IMG_0017580.jpg





























20180916lap.jpg





IMG_0017582.jpg








丹後ウルトラマラソンレポ 第四章 ~弥栄庁舎(53.9km)から丹後庁舎(84.9km)~

tangokouteizu4.jpg

50km通過は5:08:23

筋トレランナーのグランドスラムに加えて裏目標達成の為に、

まちゃタソからのアドバイスで5:10:00〜20:00くらいで通過したら良いこと、

後半50kmは前半のタイム+1時間の目安をブログで予習していた。


ほぼ歩かず多少無理して走って来たが順調だ。

後半潰れても何とかしてやる。


いよいよ丹後ウルトラの難所、碇高原だ。

ここは無理せず歩き倒す。


IMG_0017574-2.jpg
おっ、ここでもまさかのだれやねんさん発見!

「ゴリさん、固形物食べれます?」

「いけますいけます」

巻ろまん本舗の巻き寿司が出てきた。

『高槻にお店があるのにどうやって買ってきたんやろ・・・』

答えを聞くのが恐くてやめといた(笑)

しいたけだけは食べられないのでだれやねんさんに食べてもらった。

ありがとうな!


歩いたり走ったりを繰り返しながら進んでいく。

目の前にブリーフとブーメランパンツの間ばりにお尻が見えている男性ランナーがいた。

普段はハーフパンツを履いているのか、膝下は日焼けしているのにお尻は真っ白だ。


hakutou.jpg


いやぁ、塩味が効いていて美味しそう♪

ってちゃうちゃう。。


抜けども抜けども目の前に来られる白桃(泣)

ここに来て白桃見ながら上るの辛ひ。。

気分が滅入りそうになった頃にやまけんさん発見(ヤッタ)

白桃さんにお別れしてやまけんさんと話しながら互いに近くを走る。


やがてトイレに行きたくなったので心の中で『先に行ってください』と告げたら1つしかないトイレに先に行かれた(笑)

そんな訳で次のエイドでトイレ休憩。


霧雨が降ってきた。

歩きながらアミノ酸、カフェインを補給。

止まらず進めば必ず頂上に辿り着く。


IMG_0017575-2.jpg
牧場到達。

これを見た時は嬉しかったな。

ふと時計を見ると7:40:00(71kmくらい)

『もしかしたら・・・ 1○時間切れるかもしれない、狙ってみるか!』
サブ10ちゃうで、、伏字の○ですよ。

ここで裏目標から新たに自分の目標を設定した。


裏目標のタイムは何名かには伝えていた。

もちろん大きな目標は完走(筋トレランナーのグランドスラム達成)


裏目標は「自分のプライドを、意地を守り、筋を通す」為のタイムだった。

初めからバカバカしいし、クダラナイことだということも十分に理解していたけど、やらないと納得がいかなかった。


新たな目標に向かって走り出す。

魂の軛(くびき)を打ち破った瞬間だった。

碇高原の下りはキロ4:40で突き切った。

70km以上走ったカラダにオーバーペースなのは分かっていたが、アドレナリンが出まくって呼吸が乱れることもなかった。


坂を下りきって海岸がすぐ横に見えた。

正面には・・・ 絶望感を覚える強烈な上り。


丹後庁舎エイドでし~やんさんに追いついた。

丹後走る人なら分かって下さると思うのですが、し~やんさんをコース上で見かけることほど安心感を与えてくれる人はいない。

「1○時間切れるんちゃうか?よー頑張ったな。先行きや」

なんて答えたか覚えていないけど、持参しているボトルに水を入れてもらってすぐに出発。

つみれが食べられないからだ(泣)

エイドではひたすらバナナを食べまくっていた。


丹後庁舎を過ぎてまもなく左足のマメが痛くなってきた。

小石の影響? 拇指球ばかり使って走っているから?

バンドエイドを持って走っていたので処置をするか、このまま押し通すか悩んだが、まだ2時間くらい走らないといけないことから処置をする選択をした。


コース脇に座って処置が終わりシューズを履こうと踵を挙げたら・・・

ふくらはぎを攣った。

「うぁぁーー!」

反射的に声が出てしまった。


悲鳴を上げている時にし~やんさんに抜かれた(笑)

「また追いついておいでや」

言ってくれるぜ・・・


右足も痙攣している。

簡単には終わらせてくれんな、丹後ウルトラ・・・



丹後ウルトラマラソンレポ 第三章 ~海山園(29.1km)から弥栄庁舎(53.9km)~

tangokouteizu2.jpg


復路の七竜峠まではタイムを稼ぐ区間と考えていました。

アップダウンが多いので、強弱をつけながら進む。

ちょーみんさんやじぇーてぃーさんにも応援してもらえた。


IMG_0017565.jpg
tenkoさんののぼり旗発見。

丹後ウルトラの楽しみのひとつ、ありがとうございます。


IMG_0017567.jpg
35kmを過ぎて復路の七竜峠に戻ってきた。

ここまでは順調にペースを刻んでいる。

復路の上りを走るのはキツイと聞いていた。

ん~、やっぱりキツイ。。


歩きたい気持ちが生まれるも夏場にやってきた峠走を思い出してチカラに変えた。

もっとキツイ坂練習してきたし、碇高原までは走って行こうと思っていたら・・・



やべっちさん、歩いとるやないか!

そういえば丹後ウルトラ前日のブログでめちゃくちゃ煽っていた(笑)

丹後に向かう車内でもやまけんさん、なおさんとの三人でやべっちさんの話題で盛り上がった。

天の声『さぁ、煽りに対する天罰は今です』

悪い顔をしながら近付く。



ゴリ「富士登山競走完走者がな~に歩いとるんですか!?」

やべっちさん「これも戦略ですよ~」

と言いながら少し走って下さるもやっぱり歩く(笑)

ゴリ「さぁ、走りましょう!僕でも走るんですから!自己ベスト更新しましょう!」

たぶんこの日やべっちさんはやまけんさん、なおさんにも煽られたはずです(笑)


15kmほどでシューズの中に入った小石。

ずっと違和感が消えないまま30kmほどオトモしたが、ここでお別れだ。

コース脇に座ってシューズを履き直した。

そしたら両方の大腿四頭筋が痙攣し始めた。


『マヂか、早いやろ・・・』

暑さでミネラル失われたか上りも走り続けて負荷がかかったか。

痙攣が落ち着いてから再出発。


IMG_0017568.jpg
楽しみにしていたごえ家エイド。

ジャイ子さんもおるがな。

夏の終わりを楽しむ夫婦っぽい。


なぜかクレアチンが置いてあった。

ランナー誰も飲まんやろ(笑)

ハッピーターン以上に売れんかったはずや(笑)

オレンジジュースとオプチのBCAAカプセル(これをエイドで出すとはすごい)をいただいて出発。



浅茂川漁港に到着。

昨日見た横断幕、しかと目に焼き付ける。


ツイッター繋がりのリーマントオルさんを見かけたのでご挨拶。

サブスリーランナーでもすごい汗で辛そうだった。

私はうどんを食べてやっぱりすぐに出発。


ここからの海岸線沿いは太陽をモロに受けた。

暑くて体力的にも疲れてくるところで結構辛かった。

昨年のポンポン山マラニックでし~やんさんがおっしゃっていたのはココのことだったはず。

だから頑張る。


碇高原までは走る!

としゃかりきになっていたが、三本松付近で結構な角度の坂があらわれてあっさり歩く(笑)

tangokouteizu3.jpg




『くっそ・・・また痙攣し始めた』

我慢の走りをしていた。


IMG_0017573.jpg
キャオリーンはてな食堂キタ。

むね肉の梅和え、きゅうり漬け、レモン たくさん食べた(笑)

これらのおかげで痙攣が消えた。

「めっちゃ元気そうやな、イケルよ~」

ありがとう、みんながいるから頑張れるし笑顔になる。

ところでストラトさんおらんがな・・・(笑)


弥栄庁舎でサトさんに追いついた。

痺れがあるようで顔色が悪い。

KJさんもおられて、同じく調子が悪い様子。

ウルトラ、思うようにいかないこともあるよな。。


丹後ウルトラマラソンレポ 第二章 ~スタートから海山園(29.6km)~

スタート前にカフェイン、アミノ酸を放り込む。

ロスは1:36

会社の美ジョガーさんには即抜かれてすごいスピードで走って行った。

「ザッザッザ…」

4:30というまだ真っ暗な中、2000人ほどが走るのはおもしろい。


走り出してすぐに七竜峠に入る。

みほっちさん、カブトムシさん、えむさんに声をかける。

海がすぐ側にあるから復路は綺麗だろうなぁ。

ボトルに水を半分ほど入れていたので最初のエイドはスルー。


えーかわさんが見えた。

昨年から丹後ウルトラ完走に向けて何度も一緒に練習した。

「一番完走を願っていますから!」

互いにゴールで会うことを願って先に行く。


往路の七竜峠まで平均キロ6:15ほどで通過。

七竜峠を降りてから自分のペースに持って行った。


IMG_0017559.jpg
するとコース脇にロボッチさんと初めましてのtenkoさんいた!

握手&横断幕のお礼を伝えた。



IMG_0017560.jpg
さらに進んでいくと正装のだれやねんさんイタ!

「何してんですか!?何で走っていないんですか!?」

嬉しくてイジッてしまう。


みんなありがとう。

自然と笑顔になったよ。


15kmほどで左足のシューズの中に小石が入った。

気になる…

脱いで出すべきか悩むが順調に走っている区間だったのでそのまま走り続けた。


THさんに追いついた時は少し話をした。

四国に行ってからもお会いする機会はあるが、話をする機会が減っていたから。

「下りならごりちゃんについて行けるぜ~」
「ペースよりも自分が気持ち良いと思ったスピードで走る」

と元気そうにおっしゃっていた。


なおさんとまちゃタソに追いついた。

10mほどしか離れず近くを走っていた。


なおさんも長居ぐるぐるで壺をその場で購入する行動力も走力もある方。

和歌山マラニックではちぎられたし、この3日間行動も共にしたので特に応援していた一人。

そして笑顔とダブルピースがカワイイ(笑)


まちゃタソは丹後ウルトラの先生だ。

丹後ウルトラの記事、少なくとも5回は読んだ。

なぜなら完走へのヒントがたくさん詰まっていておもしろいことと考え方に共鳴する部分が多いから。

私の裏目標も達成済みで参考にしまくっていました。

「裏目標絶対やったる!」

そう伝えた。

またレポ読みたいから書いて欲しいな。


磯辺神社エイド(21km)でトイレ休憩。

トイレ待ちの間にアミノ酸を補給。

THさん、まちゃタソが追いついてきた。

さっき伝えたいことは伝えたので用が済んだらすぐにスタートした(笑)


60kmランナーのスタート地点では山ちゃんや秘密兵器さんのエールを受ける。

明るくなってきて久美浜湾の景色を楽しむ。


黙々と、ただ黙々と走り続ける。

エイドでは飲み物とバナナを食べたらすぐに出発。

ひとつのエイドに30秒かけていなかった。

平地ではキロ5:40を目安に走っていた。

アップダウンが多いのでほとんど一定のリズムでは走られないが、七竜峠での遅れを取り戻すように平均キロ6に持って行く。



IMG_0017564.jpg
海山園エイドにてへしこおにぎりをいただく。

初めて食べましたが、少しクセのある味でおいしかった。


この日は曇り予報だったのに太陽が顔を覗かせて来た。

過酷な一日が幕開けだ。


丹後ウルトラマラソンレポ 第一章 ~前日からスタートまで~

丹後ウルトラマラソンが終わりました。

激闘を物語るような筋肉痛に足の裏のマメが痛いです。

股ズレもありましたが、当日に処置したこともあってこちらはもう大丈夫。


初めに、レース前日、当日、翌日と3日間かかわって下さった仲間や関係者の方々、ありがとうございました。

いつものように速報は上げていないので、結果が出るところまではレポを出来る限り毎日書いていこうと思います。






前泊する為、やまけんさんとなおさんの三人で丹後に向かった。

レース対策や目標の話、今思うとレース展開を左右する有意義な話がたくさんあった。


昼食はとり松にて。

IMG_0017542.jpg
ばら寿司が看板商品なのですが、食べられない食材があるので私は地鶏親子丼。

思っていた以上にすごく美味しくてオススメ。

鶏肉はもちろんなのですが、ダシ、卵、ご飯すべてがマッチしていました。


アミティ丹後にて前日受付を済ませる。

参加賞の中にはTシャツ、お米、温泉券などがあった。

丹後は天然温泉がたくさんあったので、先ほどいただいた券を使って静の里へ。


お風呂から浅茂川漁港が見渡せます。

時間があったので30分ほどずっと露天風呂に入っていた。

ここからtenkoさん力作の横断幕も見えました。


IMG_0017550.jpg
ついにこの横断幕に名前が載ったのが嬉しかった。

丹後走る走力もなかったので『やっとこの舞台に立てるんだ』としみじみ。

今年の横断幕には名前だけじゃくてあるメッセージが書いてあって最後に感動のシーンを作ることになります。

感動シーンはその方のブログにて。


ホテルにチェックインして歩いて行けるスーパーへ買出しに行ったり、明日の準備をおっちら始める。

18時に夕飯。

ホテル内の食堂でカレーの大盛りを食べて20時すぎに就寝。

ここ数日は21時就寝、3時~4時起きでカラダを慣らしていた。

もう戦いは始まっていたのだ。

スポーツにおける「準備」

私の中で大切な要素のひとつだ。


部屋が少し暑くて2回ほど目が覚めましたが、1時起床。

エアコンの調子が悪かったようですが、私はそこまで問題ではなかった。


2:45 ホテルで集合写真を撮った後、やまけんさん、なおさんとクルマでアミティ丹後へ。


IMG_0017556.jpg
トイレ待ちをしていたら会社の美ジョガーさんと会った。

サブ10目指すと言っていて見事達成!

女子の完走率50%の中、ホントすごい。


トイレ待ちに時間がかかってしまってみんなと写真撮れずはぐれてしまったので後方からぼっちスタート。


IMG_0017558.jpg
いよいよ初めての100km

オレの丹後ウルトラマラソン、筋トレランナーのグランドラムへの挑戦が始まる・・・


丹後ウルトラへの決意

丹後ウルトラマラソンに向けて最後の更新です。

補給や装備品のことなど、もっと色んな記事を書きたかったのですが、家庭や仕事の都合で難しかった。


昨年を振り返ると、やり場のない思いに駆られました。

この思いを忘れずコツコツと練習を積み重ねた。


いよいよだ


・最後まで諦めない。

・すべてを受け入れ、何が起きても言い訳をしない。

・自分の武器を活かして走る。

・スタッフ、ボランティア、地域住民に感謝を伝える。

・丹後の美しさを楽しむ。

・参加する仲間の無事全員完走を祈っている。


最後に・・・


筋トレランナーのグランドスラム、

 達成してみせる!!




ぼちぼち丹後ウルトラ出発の準備を始める

いよいよ迫ってきた丹後ウルトラマラソン。

大会案内を読んでいるとどんどん楽しみになってきました。

少しずつ必要な物をバッグに詰めていく作業を開始しました。


多少の修正はありますが、昨年作った荷物チェック表が役立っています(笑)

天気予報も毎日チェックしちゃっています。

これも昨年の影響でしょうけど、10日間予報や週間天気はコロコロ変わることから一喜一憂するのがもったいないので、気にしすぎないようにしています。

天気含めて金曜日に確認して最終的に必要な物などを判断します。


折角京丹後まで行くので温泉も行こうかなぁとも考えています。

走る以外の楽しみもないと・・・ね♪


【台風の爪痕】とりあえずカラダは無事です

台風の日は仕事でした。

会社のクルマで何とか帰宅。

この日は学校や会社はほとんどが休みになっていた為、道路は大渋滞を起こしておらず。


しかし、道中様々な爪痕を見た。

折れ曲がった木、止まったり変な方向を向いた信号、屋根や壁が剥がれた家・・・


自宅も例外ではなかった。

隣の家の瓦が飛んできて窓ガラスを貫通。

外壁にも直撃していて傷がついています。

屋根や太陽光パネルは目視ではひどいことにはなっていなさそうですが、3階の窓が割れたり外壁に傷があることを考えるとそれなりに傷はあるでしょう。

家族に怪我がなかったのが不幸中の幸い。


帰宅後すぐに片付けを開始。

まずは家族や近所の安全第一。

さすがにブログを書く余裕はありませんでした。


それでも仕事には行かないといけない。

完全な日常生活を取り戻すには時間を要しそうです。

マッスルゴリオススメのプロテイン・アミノ酸等のサプリショップ
スポーツショップ、amazon、楽天等で買うより圧倒的に安いです
マイプロテイン
 割引コード TAISHI-R3
iherb
 割引コード GGR078
参加予定大会
2018.11.18
都祁高原マラソン ハーフ
2018.12.09
奈良マラソン フル
2019.02.24
姫路城マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 47:53
2018年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:40:28
2018年大阪ハーフマラソン

フル 3:27:39
2018年泉州国際マラソン

ウルトラ
65km 7:14:05
2018年奥熊野いだ天ウルトラ

78km 9:28:16
2018年奥武蔵ウルトラ

100km 10:55:36
2018年丹後ウルトラ

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ