FC2ブログ

【丹後ウルトラ】自分の結果を振り返る

丹後ウルトラ、初めての100kmのわりに予想以上の結果に正直自分でも驚いています。

自分なりになぜ良い結果が出たのか考えてみました。


①ウルトラの脚が作れた(3月から計算)

練習では
30km走(ペース気にせずゆっくり)は7回

45~50km走(ペース気にせずゆっくり)は2回


月間走行距離(目安程度にしか考えていません)
3月 181km
4月 210km
5月 135km
6月 176km
7月 119km
8月 320km

走行距離が短い月は軽い怪我あり。

8月に走り込めたのは大きかった。



レースでは
4月に奥熊野ウルトラ65km

6月に奥武蔵ウルトラ78km

このふたつを走ったのはウルトラの楽しみ方や走り方を学ぶ上で貴重な経験となった。


ともにアップダウンの激しいコースだったこと、練習でもアップダウンのあるところを選んで練習を積んだ。

その結果、苦手だった下りを克服し、丹後の難コースにも対応出来た。


岩本さんの赤本も買ったけど、ほとんどその通りには練習出来ず、参考程度にした。

どの練習本にも言えることでしょうけど、筋トレもやっているので本通りには体力・時間などを考慮すると不可能。

自分なりにアレンジして練習メニューを組み立てる必要があったが、筋トレランナーをやっている以上これは避けられない。


その結果、フルマラソン×3 の公式はクリアした(丹後はここから1.10かける)

私の結果は2.86だった。

赤本の目標である2.7はかなり難易度が高いと思う。



②仲間に恵まれた

応援、ごえ家、はてな食堂などに助けられた。

ぼっち参戦ではここまで頑張れなかった。

頑張る仲間がいるから、応援に報いたいから頑張れた。

人は大切にしたいと改めて感じた。



③あらゆる状況の変化に対応出来た

ウルトラだと気象・体調以外にも色々トラブルも起きるし、思うようにいかないこともあるだろう。

練習の時から色々なことを想定してやってきた。

先輩ランナーや人の意見は素直に受け入れ、都度修正をしてきた。

レースでもそれらの変化に柔軟に対応したと思う。


ただ、試走や下見はしなかった。

もちろんした方が対策もとれるし、良いとは思いますが、「初めて走る楽しみ」の方が私にとっては大切。



④精神力・集中力を活かせた

この部分は自分の武器だと認識していたが、こちらも発揮出来たと思う。

昨年の台風による中止で一年待ったけど、腐らず前を向いた。

悔しかったり傷ついた気持ちを力に変えた。


昨年中止になる前にこんなことを書いていた。

「喜びと感動の中でゴールする自分の姿がはっきりと目に浮かぶのです」と。

やまけんさん、し~やんさんも一緒だったとは驚きましたが(笑)


THさん、○よさんたちも書かれていますが、精神面はウルトラにおいて重要だと思います。

完走できるか不安ってことは1ミリもなかった。

完走かリタイア、どちらかしかないんだ。

タラレバや後になって「あの時はこうだったから・・・」とか嫌いだし、覚悟は決めていた。


私に限った話だと精神力や集中力は育った環境が大きいのかなと思っています。

野球でそれなりに大舞台も経験してきた。

勝負の世界で集中のしどころ、抜きどころ、強弱をつける場面、勝ち方、負け方をある程度自然と読み取れるようになった。



子どもの頃から才能がなかろうが、踏みつぶされて悔しい思いや理不尽なことがあろうが何度も立ち上がって努力をコツコツと積み重ねて最後には結果で黙らせてきた。

この瞬間がたまらなく気持ち良い。


出来ないと言われた筋トレとマラソンの両立も筋トレランナーのグランドスラム達成という形を残せた。

上半身だけではなく、脚トレもしながら持久力勝負のウルトラでもサブ11は可能であることを証明した。


何でもやってみないと分からない。

挑戦する前から出来ないと決めつけるのではなく、どうすれば出来るのかを考える方がワクワクする。

特別な才能なんて必要ない、だって私にも出来たのだから。

違いは挑戦したか、しなかったか、これだけ。


うさぎと亀の話に例えるなら私は間違いなく亀タイプだ。

欠点は時間がかかることだ、だがそれでいい。



上手くいくことがあればそうでないこともある。

だからスポーツは楽しい。




関連記事

コメント

ブログではメンタルうんぬんと書きましたが、ゴリさんのメンタルには到底勝てませんよ(脱帽
(肉体的にも足もとに及びませんが(笑)

仲間がいたからというところはまさにそうだと思います。

○よさん

そんなことないですよ、今大会の○よさんの最後の10kmの速さには驚きました。
しかも脚が残っていたのは驚異的です。
加えてメンタルの強さもありましたから、強さが分かった大会だと思います。
非公開コメント
マッスルゴリオススメのプロテイン・アミノ酸等のサプリショップ
スポーツショップ、amazon、楽天等で買うより圧倒的に安いです
マイプロテイン
 割引コード TAISHI-R3
iherb
 割引コード GGR078
参加予定大会
2018.11.18
都祁高原マラソン ハーフ
2018.12.09
奈良マラソン フル
2019.02.24
姫路城マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 47:53
2018年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:40:28
2018年大阪ハーフマラソン

フル 3:27:39
2018年泉州国際マラソン

ウルトラ
65km 7:14:05
2018年奥熊野いだ天ウルトラ

78km 9:28:16
2018年奥武蔵ウルトラ

100km 10:55:36
2018年丹後ウルトラ

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ