「勉強が出来る」ということは努力する力、考える力があり、スポーツでも必ず活きると思う。

こんにちは、マッスルゴリです。

センバツ甲子園。

松山東が二松学舎大付に競り勝った。

仕事の合間にちょこちょこ見ていましたが、良い試合でした。


県立で偏差値70の進学校。

痺れますね、こういうの。

よほどのスポーツの才能がない限り、私は学生は文武両道であるべきだと考えています。

私はプロになる実力がなかったから「勉強が出来て初めて野球をやってもいい」

そう思って現役当時もやっていた。

どっちも疎かになってはいけない。


日本における競技人口一位の野球。

その中から甲子園に出られる人数はほんの一握り。

勉強で東大に入ることより難しい。


・受験に勝つ為には何をしないといけないのか、またその順序立て。
・野球で勝つ為にはどんな練習をしてどのように取り組み、試合に臨むのか。

進学校ならではの時間がない中で効率良く取り組む為に考えることはたくさんある。


勉強が出来るということは人よりも努力をしている
ということ。

努力をする力はあるし、考える力も養われている。

これはスポーツのみならず他の分野でも活かせると思う。

練習内容、分析力、判断能力など考える力があることで一歩優位に立てる。

その逆もあると思っています。

野球が上手だということは人よりも努力して上手になっている。

努力する力は養われているのだから、勉強にも活かせると思う。


甲子園レベルまで来ると野球の才能があってさらに努力を人の何倍もやってきたチームばかり。

勝ち続けるのは至難の技だと思いますが、こういったチームや白熱した試合が見たくて高校野球を楽しんでいます。




関連記事

コメント

No title

偏差値70って凄いですね!

最近、甲子園出てくる高校、結構頭が良いが学校も目立ってきましたね。
社会に出てから感じますが、一流の学校じゃなくても良いのですが、
三流大学でも、色んな意味で頭が良い人がホントの意味で貢献出来てますよね。
どういう人間になりたか、という明確な目標が大事なんでしょうかね??

本当、高校で勉強もしながら野球もする大変ですよね!
あれだけ寝坊助だった息子も、野球の練習だけは始発で行ってます。
勉強ももっと頑張らないといけませんが^^;
息子さんも楽しみですね^^

しょうじさん

一芸に長けることは素晴らしいことですが、野球を引退してからの人生の方が長いことを考えるとやっぱり勉強も必要だと思います。
その為には努力も考える力も養っておくと後に活きて来る気がします。

若い自分に目標を立てるのは私も難しかったですが、今の時代ならそれになる為に必要なことを調べたりすることも出来るのがいいなと思います。

カステランさん

ホントですね。
私も部活と勉強の両立は大変でした。
時間をいかに有効に使うか、すごく考えました。

始発で練習ですか、えらいですね。
それだけ頑張ったなら良い経験になりますね。

私も通学に時間がかかっていたので、電車で勉強していましたね。
往復にしたら結構な時間になりますから。

松山東

松山東は市内でも指折りの進学校、そんな高校が甲子園出場とは驚きました。
アメリカのベースボールを「野球」と訳した正岡子規が創部したといわれる伝統ある野球部が真っ白のこれもまさに高校野球といったユニフォームで戦う姿は素晴らしかったですね。
一回戦を勝ち進み、先日の二回戦も途中までは勝っていただけに敗戦が悔やまれます。
これも公立進学校である今治西の活躍に期待します。

moscatさん

今治西も愛媛でずっと頂点に立っていますもんね。
西条、松山商業、個人的に好きな高校が多いのも愛媛です。

敗戦は悔しいでしょうが夏にはどんな試合をするのか楽しみです。
非公開コメント
参加予定大会
2017.08.27
夢高原かっとび伊吹 10km
2017.09.17
丹後ウルトラ 100km
2017.11.19
神戸マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 49:23
2017年堺シティマラソン

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ