もしかしたら乳糖不耐症かもしれない

筋トレを始めて2年半。

気付くのが遅すぎかもしれませんが、もしかしたら私は乳糖不耐症かもしれない。


そもそも乳糖不耐症とは・・・?

母乳や牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)という成分。

乳糖は腸で酵素(ラクターゼ)によって分解されます。

この酵素が体内で少量しか出ない為に乳糖の分解が出来ず、下痢などの症状が発生してしまう症状。

日本人の40%は乳糖不耐症と言われています。


プロテインの中でも最もポピュラーなホエイプロテイン。

ホエイは牛乳から作られているので、乳糖が含まれています。

つまり、乳糖不耐症の人がホエイプロテインを飲むと下痢などの症状を引き起こすことがあります。


私の場合は下痢はしませんが、ホエイを飲みすぎると腸内環境が悪くなります。

便の状態が悪くなる、ガスが溜まってゴロゴロする、肌荒れ などです。

その為、今まではホエイとソイ(大豆成分)のプロテインを両方飲んでいました。

下痢をしていなかったので原因が「乳糖」によるものと思っていなかったのです。


しかし、乳糖不耐症についてちゃんと調べていくと上記症状を引き起こすことが分かりました。

下痢をするほどではないので、私の場合は軽度の乳糖不耐症なのでしょう。

現に子どもの頃は毎日牛乳を1L飲む生活をしていましたが、不自由なかったです。


筋肥大のことを考えるとソイよりもホエイの方が効果が高い。

その為、乳糖不耐症とはいえ、すべてソイに変えたくはない。

そこで昨日の記事にあるホエイプロテイン アイソレート(WPI)の登場です。

一般的なホエイプロテインは炭水化物と脂質をろ過したコンセントレート(WPC)を使用しています。


WPIはさらにろ過して炭水化物や脂質を取り除いています。

つまり、乳糖もより取り除かれているので、乳糖不耐症の人でも飲むことが可能。

デメリットとしては価格が高くなること。


以前は朝食時に低脂肪乳を飲んでいました。

当然乳糖が含まれているわけですが、さらに筋トレ後にホエイを飲むと腸内環境が悪くなっていました。

腸内環境改善に良いとされているオリゴ糖や乳酸菌などを飲んで改善はするものの、完全には治らず。

低脂肪乳を止めたら調子が良くなっているので、やはり乳糖不耐症なのでしょう。


試行錯誤した結果、現在の私のプロテインの飲み方。

起床後 ホエイ(WPC)
朝食
9時 ソイ
昼食
15時 むね肉
夕食
23時 ソイ

昼間に筋トレする場合はソイ→ホエイ(WPC)に変更。
夕食後筋トレする場合はソイ→混合に変更しています。

このサイクルだとお腹の調子は良好です。



今飲んでいるソイを飲み終えたらWPIに変更して様子を見たいと思います。

ホエイを飲んでお腹の調子が悪くなる方はソイやWPIを試されてみてはいかがでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
参加予定大会
2017.09.17
丹後ウルトラ 100km
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 56:51
2016年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ