もしダイエット目的でココナッツオイルを摂っている時の注意点

美容やダイエット効果を狙ってココナッツオイルを摂る女性が増えています。

私も今回の減量時にお世話になりました。

テレビでもそれらの宣伝をちょこちょこ見かけます。

正直なところ間違った情報もチラホラ。。


よく見かけるのは「摂っているだけで痩せる」というもの。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸と言われ、体脂肪として蓄積されにくく、エネルギーとして使用されやすいもの。

痩せる理屈はココナッツオイルを摂ることでケトン体を生成されやすくなるから。


ケトン体を生成する時に脂肪を使う→痩せるとなるわけです。

しかし、ケトン体を生成しようと思うと糖質制限が必要となる。

目安としては炭水化物が一日50g以下。


その為、私はケトン体を使うケトジェニックダイエットをした時に炭水化物を摂らない生活をしていたわけです。

炭水化物の目安:白ご飯一膳で55g 食パン5枚切りで33.6g

調味料やその他食材にも炭水化物はちょこちょこ含まれるので思った以上に摂っているはずです。


炭水化物を摂るとインスリンが出ます。

インスリンは糖分を筋肉に取り込んでグリコーゲンとなり、筋疲労の回復や筋肥大にも大きく貢献するわけですが、一方で体脂肪も蓄えやすくなる。

パン(炭水化物)に塗って食べるのを紹介しているテレビも多いですが、これが一番アウト。

つまり、糖質制限なしにココナッツオイルを摂ると痩せるどころかデブまっしぐらなわけなんですよね。

あくまで脂質だから9kcalありますし。


ポイントは糖質制限(ケトジェニック)+ココナッツオイル

良質な脂質を摂って痩せたいと考えるとなら私ならココナッツオイルよりもオメガ3(魚の油、亜麻仁油、エゴマ油など)の方が断然オススメです。

もちろんケトジェニックをやっている方なら両方の摂取が良いです。

脂質と上手に付き合うことは大切ですね。


関連記事

コメント

rourei ダイエット

世の中のダイエットを目指す人達は盲目的に何かにすがる人も多いのでしょうね。
自分はrourei ダイエット、知らぬ間に数キロ減量で胃癌でも罹患かと心配しますが幸いそれは無い様です。
年を取るのは嫌ですね。

moscatさん

ダイエットは色々な情報が出てきては消えていく。
トレーニング理論もそうですが。。

roureiダイエット、斬新すぎるじゃないですか(苦笑)
加齢とも上手く付き合えるようになりたいなぁと思います。
非公開コメント
参加予定大会
2017.11.19
神戸マラソン フル
2017.12.23
足立フレンドリー ハーフ
2018.1.14
信太山クロスカントリー 10km
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 49:23
2017年堺シティマラソン

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ