これがピッチ走法?

こんにちは、マッスルゴリです。


膝に負担なく走られる方法を試行錯誤しながら実践しています。

今日は以前購入したダイソーの膝サポーターを使用してみました。

IMG_1145.jpg

メンズの汚い脚なのでサイズ縮めてアップ。
こんな感じで走りに行きます。

結構きつくてたぶんアカンだろうなという気がプンプンしています。

走り出して2分くらいで擦れて痛くなってきた・・

こりゃダメだ。即却下。


自分の走り方について考えてみました。

・ストライドが長いのではないか?
・踏み込みが強いのではないか?
共に野球をしていた時の癖だと思います。
野球は踏ん張ることが多く、大股で走っていました。

ミズノのFORMに行った時に幅を小さくするようにアドバイスされたので、意識したつもりでしたが、恐らくまだストライドが広いんだと思います。


思い切って出来る限り幅を狭めて走ってみました。

感想として

・膝への負担は少なく感じる
3日前に走ったときより膝の負担は少なかった。

・疲れる
幅が狭いので脚を動かす回数が増える。
体全体の疲労感や息の上がり方が3日前より明らかに増している。

・スピード感がない
8分/kmくらいで走りましたが、ブレーキをかけながら走っている気がする。
ペンギンが歩いている姿の感覚がする。

これがピッチ走法の特徴なんでしょうか?

もう少し幅を調整するなどまだまだ工夫するように考えながら走る必要がありそうです。


時間がある時にビデオ撮影して自己分析してみようと思います。

本日のワークアウト

ランニング:8分/kmペース 30分 4km

9月走行距離:8km
通算走行距離:108km(推定)

訪問ありがとうございました。
おもしろ記事を書く励みになりますので応援クリックお願い致します
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 
関連記事

コメント

No title

走り方って難しいですよね^^;

私も中学時代に野球をやってましたが、やめて高校生になったら太ってしまい、ダイエットで走りましたが、、

その時は、ひたすら早く走るのがジョギングと思い込んでたので全速力で走ってましたが、LSDを知ってからは、歩幅を小さくして、ゆっくり走る事を心がけてます。

だけど、歩幅を小さく意識して走るというのも、実は、足に負担がかかります><

今回の記事を読んでて、自分も悩んじゃいました^^;

ビデオで確認したいですよね。テレビで見る一流選手のフォームが目に焼き付いているんですが自分はきっと格好悪そう。直したいんですけどどこが悪いかわかりません(^_^;)

今日は♪( ´▽`)
フォームの矯正って難しそう...´д` ;
私も修正箇所は山積みなんだろうとは思うのですが、やはりどこを修正したら良いか分からない..._| ̄|○

なんと煩悩の数達成!

通算走行距離って…走り始めてからの通算ですか?108!煩悩の数。
わたしはフルまでに4年の歳月をかけたので、ほとんど故障とは無縁ですが、その分まだ限界を超えてないのかな~とマイナスに思ったり伸びしろあるのかなーとプラスに考えたりしてます。
マッスルさんは筋トレを平行してやってるし、いいバランスで走る筋肉もできていくのと違うかな~。
フォームについては自分ではわかりませんね。カッコヨク走ってるつもりが、腰が落ちてたり。でも未だに「腰が落ちてる」ということが十分にわかってませんがw。

ひでちさん

運動やめると体系変わりますよね。
私も大学生の時にだいぶ変わりました。
フォームはしばらく悩み続けそうです。

proceed2600さん

一度自分で見てみるだけでも何か打開策が見つかる気がします。
proceed2600さんほどのランナーでも修正点はあるのでしょうか。
奥が深いです。

ゆうさん

どこが問題でどう直せばいいかわかりにくいですよね。
なので、1回動画撮ってみようかな~なんて考えています。
ゆうさんも速いですが、フォームは一日にしてならずですね。

まちゃさん

ほんとだ、煩悩の数!
通算走行距離は走り始めてからの通算ですよ。
なので、全然走っていません(笑)
ウルトラランナーの一日と同じとか・・・

欲望の塊なので、ちょうどキリがいいですわ。

ストライドが広いとダメージは大きい

確かにストライドが広いとダメージは大きいです。
ボクも最初は今よりストライド広く走っていましたが「なるべくパワーロス少なく、長く走る」を意識しているうちに自然とピッチ走法になりました。
膝へのダメージを少なくするには
1、ストライドを狭くする
2、着地はなるべく静かに地面に足を置くようにし、強く蹴らない
3、常に膝を少し曲げて膝をクッションのように使うように意識する
4、スピードを上げる時は腕振りを速くしてピッチを上げる

今では膝にダメージがたまる事がなくなりました。
最近は普段のジョグも時間の許す限り遅いスピードで走って回復に努めています。
大体7:00~7:30/kmのペースで、足にダメージを強く感じているときは8:00~8:30ぐらいまで落とすこともあります。
そのかわりポイント練習はかなり気合いれてやります。
ゆっくり走るのは最初キツイですが、だんだん慣れてきます。

フル完走を目指すならやはりゆっくり長く、歩幅は小さくが鉄板なんでしょうね。

メガネくん

とても参考になります。ありがとうございます。
やっぱりペースを落して走った方が良さそうですね。
いい加減膝も治ってもらわないと距離も時間も伸ばせないですからね。

ゆっくり長く、歩幅は小さくか、これをモノにできるように頑張ります。
非公開コメント
参加予定大会
2017.09.17
丹後ウルトラ 100km
2017.11.19
神戸マラソン フル
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 49:23
2017年堺シティマラソン

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ