増量・減量に成功・失敗するタイプ

風船のように膨らんだり縮んだり・・・

増量・減量を繰り返す生活。

これはカラダ作りの為で意図的に増やしたり減らしたりしています。


増やす方が楽だと感じる人もいれば減らす方が楽だと感じる人もいる。

私は増やす方が楽なタイプ。

食や胃が強い人はその傾向にあるように思う。

食べるの好きだし・・・

良くないけど、ダーティーな食べ物(お菓子とか・・・)好きだし・・・

いっぱい食べるのがしんどい人は体重を増やすのもしんどいと思う。


一方の減らす方が楽なのはいくつかのタイプに分かれると思う。

①きっちり栄養管理が出来るタイプ

②運動量が多いタイプ

③カラダがある程度出来上がっていて基礎代謝が高いタイプ

④食が細いタイプ


やっぱりこの中でも一番大切なのは①だと思う。

減量は栄養管理(食事)が締める割合が非常に高くて私の中では7割はこれで決まると思う。

さすがにお菓子大好きでも減量中は絶対に食べない。


減量に失敗するタイプもだいたい決まっている。

①栄養管理が出来ていない。
カロリー収支やPFCバランスがぐちゃぐちゃ。

②楽して痩せようとする。
~するだけ ~を食べるだけ これらはまずアウト

③言い訳が多い
ストレスが溜まって・・・
食べないといけない環境になってしまって・・・
太ってしまう時期で・・・などなど

ストレスはノーカロリーだ。
ストレスで食べたなら原因は「食べたこと」。
※病気など一部の例外を除く。
付き合いである程度は仕方ないだろうけど、断る強い意志やその分動くなど方法はいくらでもある。

①と②は知識や経験で対応可能だけど、③は精神力や性格の影響が大きくて難儀するかも。



さて、ここ数日は何を食べていたのか。。

IMG_0014181.jpg
IMG_0014182-2.jpg
IMG_0014183.jpg

減量中だったよな?(笑)


ステーキ食べてもご飯なしにしたり、
昼・夜も恵方巻きやいなり寿司をたらふく食べてもこの日はチートデイだったり、
ラーメン食べた日は100分ランニング、60分自転車で徘徊、60分筋トレしていたり・・・

一応これでもちょこっとだけ考えながらやっている(笑)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

意識的とはいうものの太ったり痩せたりと大変そうですが、ご本人は慣れておられるからそうでも無いのでしょうね。
ただ、服はどうされているのですか?
自分が走り出したのは単身赴任を終えて自宅で生活するようになり、太り出してズボンがきつくなった事が要因です。
3kgか4kg位の変化でも新しい背広を買わないといけないかと思い痩せようしたものです。
ゴリさんはどうされているのかな?

moscatさん

服に関しては幸い今まで着ていた物で不自由ないです。
10年前に来ていた服を今も来ています。

トレーニングを始める前から70~75kgあったので今とそんなに体重は変わっていないのです。

カラダの部分的に絞れたり大きくなったところはありますが、着れなくなるほどではないですね。
非公開コメント
参加予定大会
2017.04.29
堺シティマラソン 10km
2017.09.17
丹後ウルトラ 100km
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
115kg(2017.3)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 56:51
2016年信太山クロスカントリー

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ