丹後に向けての準備vol1 ~己の武器は何だ?~

いよいよ丹後ウルトラマラソンの100kmまで二週間を切りました。

本日から丹後に向けた記事を残してモチベーションを高めていこうと思います。


サブ4.5ランナー(サブ4には近いが)
初めてのウルトラマラソン(いきなり100km)
難易度高めの丹後


なかなか高い壁に挑戦しようとしています。


ここからの丹後に向けた記事では自分の気持ち、ペース表、荷物、補給計画など様々な情報を残していきます。

根底にあるものとして丹後と戦う為の己の武器(特徴や持っている力)は何か?

これを知らずして戦いには臨めない。

武器を知った上でこれからの記事であげていくペースや荷物などの計画もすべてリンクしています。


武器①栄養学

筋トレで身に付けた栄養学。

カラダが他のランナーよりも大きい分、基礎代謝や消費カロリーが多くて燃費が悪いです。

ガス欠を起こすとジ・エンド。

ウルトラでは如何に効率良く栄養補給してエネルギーに変えるか、持久力を高めるか、疲労を蓄積させずに走ることが出来るかが大切だと考えています。

レース前の数日~当日~後日の食事管理や過ごし方には気をつけていこうと思います。


武器②筋力を活かした上りと歩き

起伏が多い丹後。

無理のない範囲で上りも走って攻略したい。

どこかでは必ず歩くことになるでしょうから、それでもしっかり前に進む。


武器③精神力

野球で培ったものや歩んできた人生によって左右されている。

高い集中力
本番に強い
諦めない気持ち
後半に追い込まれるほど力を発揮する
相手が強いほど燃える などなど


もちろん弱点もあって

どこか痛めやすい
下りが遅い
体重が重い

などあるのですが、それらを打ち消すに余りある武器だと思っています。


元々の走力が高ければあれこれ悩む必要はないのかもしれません。

冷やかしでエントリーしたわけではなくて、やると決めた以上本気で完走を狙っています。

武器の使いどころは必ず訪れる。

走力はなくともどこでどう使うのか、思案するのを楽しみにしている自分がいます。



関連記事

コメント

祈!完走。

フルとウルトラではまるきり違う競技でしょうが、③の精神力は共通するところが有ると思います。
5年少し昔、60歳目前で臨んだ初フルマラソンでまずは歩かず完走の目標を掲げ走り出した10km過ぎだったか?足の裏に痛みを感じだしそれが両足になり途中よほど医務室テントに寄ろうかと思いながらも寄る事も無く、30km過ぎに待ち受ける登り坂の連続にもよほど歩こうかとも思いながらスピードは遅くなったものの歩かず走り続けてなんとか完走し、次の目標としていた時間もクリアする事が出来たのは正にあきらめなかったからに他なりません。
冒頭にも書きましたがウルトラはそんなものでは乗り越えられない大きな強い壁だと思いますが、己の強みを熟知されたゴリさん、その強みをいかんなく発揮されて完走されて下さい。
最後に④自信を付け加えさせていただきます。
初のウルトラですからある意味根拠のない自信とも言えますが、精神力×自信でパワー倍増、きっと完走される事でしょう。

(走り終えて靴を脱ぐと両足の裏に大きな水ぶくれが出来ていました。)

moscatさん

想像を超える初フルマラソンでしたね。
私は精神論結構好きなんです。
もちろん、それには積み上げてきた物がある場合に適用されるものに限ります。

長年スポーツをやってきて精神で乗り越えた人たちやケースを何件も見てきました。
気持ちとカラダは連動していると思うのです。
非公開コメント
参加予定大会
2017.11.19
神戸マラソン フル
2017.12.23
足立フレンドリー ハーフ
2018.1.14
信太山クロスカントリー 10km
筋トレ及びマラソンの記録
ベンチプレス
117.5kg(2017.5)
デッドリフト
165kg(2017.4)
スクワット
162.5kg(2017.3)
RM換算含む

10km 49:23
2017年堺シティマラソン

クォーター 1:06:19
2013年神戸マラソン

ハーフ 1:57:34
2016年大阪淀川市民マラソン

フル 4:03:20
2017年泉州国際市民マラソン

トレイル
10km 1:50:41
2016年かっとび伊吹

すべてグロス
ジョグノート 
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ